「夫のモラハラが最近エスカレートしてきた気がする」と悩んでいる人も多いでしょう。

今回はモラハラがエスカレートする原因と、モラハラを助長させてしまう妻の間違った4つの対応をご紹介します。

モラハラのきっかけや原因は?

結婚する前はほとんどの場合モラハラ行為がなく、結婚してから何かしらのきっかけや原因があって徐々にモラハラが顔を出してきますよね。

このモラハラがはじまるきっかけとは様々ですが、結婚によって妻が簡単に自分から別れられなくなるからというのが大きいです。

妊娠や出産がきっかけで妻が仕事を辞めたタイミングなどで、モラハラがはじまることが多いのも同じ理由です。

妻が社会から離れ、孤立して夫以外に頼れる人間関係がなくなり妻が「弱い立場」になるとモラハラ夫と上下関係ができてしまいます。

自分から離れられない、経済的に夫に頼らないといけなくなったなどで、モラハラ夫が自分の方が立場が上だと感じることでモラハラが始まることが多いようです。

本来夫婦間で上下関係などないのが普通なのですが、常に優位に立ちたがるモラハラ夫にはそういった普通の感覚はありません。

一度モラハラが発動すれば後はどんどんエスカレートしていきます。

最初は気づかない程度の軽いモラハラから、徐々にモラハラはエスカレートしていき、妻の心をむしばんでいきます。

妻の間違った対応4つ!夫のモラハラをエスカレートさせてしまう原因は?

一度モラハラが発動すれば、ほとんどの場合モラハラがエスカレートしていきますが、実は妻の間違った対応によってモラハラがエスカレートしている場合も多くあるんです。

それは、ちょっとしたことで夫が妻に八つ当たりなどをしたときに、妻の反応がモラハラ心をくすぐるものだと、そこからモラハラが少しずつ増えていく場合があるんです。

妻が悪いという意味ではなく、モラハラを受けた時の対応がまずいとモラハラを助長させてしまうんです。

モラハラ心をくすぐる、妻の間違った対応はどんなものなのでしょうか。

ガマンしすぎてしまう

モラハラ行為がはじまっても口答えもしないでガマンしすぎていると、モラハラ夫は調子にのってどんどんモラハラをエスカレートさせていきます。

自分は何を言っても構わないと思うでしょうし、自分が正しいから妻は何も言わないと思っています。

むしろ自分が妻のために言ってやってるんだなどと、自分の暴言を暴言と思わず正当化しているかもしれません。

妻が実はガマンしている、深く傷つけているなんて考えてもいないでしょう。

妻からすれば「言い返したら余計にモラハラ夫も罵詈雑言がひどくなって面倒くさい」「反論しても意味ない」と思って黙っていたとしても、モラハラ夫はそんなこと知る由もなく暴言はどんどんひどく激しくなっていきます。

受け入れてしまう

モラハラ夫も最初はちょっとした八つ当たりだったのが、その時妻が受け入れてくれると、そこからどんどん暴言はエスカレートしていきます。

モラハラ夫には、妻のための自制心はありません。

一度受け入れたら最後、モラハラ行為はどんどん上まで上り詰めます。

そして妻も一度モラハラを許すと、その後もついつい受け入れてしまいます。

受け入れるのでモラハラ夫のモラハラはエスカレートして、負のスパイラルに陥ります。

妻はモラハラ行為があったときに、毅然とした態度で決してモラハラを許さないことです。

自分が悪いと思ってしまう

モラハラの被害を受けている女性のほとんどは「私が悪いから仕方がない」と感じています。

自分に原因がある、自分の行動を改めれば夫はこんなひどいことは言わないはずだと信じて、夫のため家庭のためにがんばって努力を重ねます。

しかしどんなにがんばっても夫があなたの努力を認めてくれることはありません。

むしろもっともっとと要求は大きくなり、モラハラは増長し被害は大きくなっていきます。

妻はがんばってもがんばっても認められず、「もっとがんばらなくては」と負担はどんどんと増えていき、妻の心が壊れてしまうこともあるのです。

★加害者も被害者も虐待の認識がないモラハラの恐ろしさの詳しい記事はコチラ!
モラハラの仕組み!加害者も被害者も虐待という認識がないから恐ろしい

同情してしまう

よく「この人は私がいないとダメだから・・・」と相手に同情して、どんなにひどいことをされてもなかなか突き放すことができない人がいます。

しかし、モラハラ夫に同情は厳禁です。

モラハラ夫はその優しさにつけこんで、どんどんモラハラをエスカレートさせていきます。

★モラハラ夫がかわいそうに感じたら読んでください
モラハラ夫がかわいそうだと感じたら・・・

モラハラ夫をエスカレートさせない対処法

モラハラ夫への対応として「男は褒められて喜ぶ生き物だから、夫を立ててみよう」「私も傷つくよと夫を諭すように気持ちを打ち明けよう」といったアドバイスをたまに見かけます。

しかし相手がモラハラ夫の場合、そんな言葉で心は動きません。

モラハラ夫に「ちょっと言い過ぎたかな」「これ以上言うと傷つくかな」などという良心はないのです。

涙を見せたら心が動くなんてこともありません。

私が夫の暴言に対し悔しさのあまり涙を流したら「女はいいな!泣けば済むんやから」「お前が被害者面かよ(ためいき)」と余計に責められました。

モラハラ夫に良心はないのです。

モラハラ夫を立てるなんてとんでもない!
調子にのって「もっともっと」とそれこそ要求がエスカレートし、結果モラハラが激化するのです。

無関心になる

モラハラ夫とは、極力関わらないようにするのが一番です。

あまり関わらないように、表面上だけ付き合うようにした方が楽に過ごせます。

なるべく別の部屋で過ごしたり、モラハラ夫の話半分に適当に聞くようにするなどです。
モラハラ夫の言葉に反応しないで無関心でいることです。

モラハラ夫が何をいっても反応しない、無関心でいられれば、モラハラ夫はモラハラの達成感を失いモラハラが減ってくる可能性もあります。

専門家に相談する

モラハラ夫に良心はありませんから、どこまでもモラハラはエスカレートして上限もありません。
そのためモラハラがエスカレートして、言葉の暴力がどうしようもなくなれば自分ひとりで解決することは非常に難しいです。

まずは市の無料相談窓口や女性センター、婦人相談窓口などで相談してみることをおススメします。
カウンセリングができる専門窓口に相談してみるのもいいと思います。

思い切って別居や離婚をする

やはり物理的に距離をとるのが一番の解決策です。

まずは別居をしてあなた自身が安定できる場所に行くべきです。

モラハラ夫はいつ何がきっかけでキレて暴言をはくかわかりません。

そのため一緒に暮らしている家族は常に、モラハラ夫の機嫌を損なわないように気をつかって緊張しているので精神的な負担は大きいですよね。

早く夫と別れたくてあわてて離婚するのは得策ではありません。

離婚を急ぐあまり養育費や慰謝料を請求しないなど離婚条件を相手の言いなりになってしまうと、後々後悔することになります。

一旦別居してまずはあなたの精神状態を安定させ、離婚するのかしないのか、離婚をするなら条件はどうするべきかなどを冷静になってから決めるべきです。

★モラハラ夫に別居を告げるタイミングについてのくわしい記事はコチラ★
モラハラ夫に別居の意思を告げるべき?そのタイミングは?

まとめ

モラハラをエスカレートさせる妻の間違った対応は4つあります。

  1. ガマンしすぎる
  2. 受け入れてしまう
  3. 自分が悪いと思ってしまう
  4. 同情してしまう

モラハラの被害を受け女性は優しくて真面目で正義感が強い人が多いです。

そのためモラハラ夫に暴言を吐かれても、その言葉を真に受けて「自分が悪いから仕方ない」とガマンしてしまったり、「この人には私しかいないから」とモラハラを受け入れてしまいがちです。

「私がガマンしていればいつかは変わってくれるかも・・・」と期待をしている女性もいるかもしれません。

しかし残念ながらモラハラ夫にそんな期待は無意味です。

モラハラ夫に改心なんて言葉はないのです。

モラハラ夫対しては毅然とした態度でモラハラを許さないこと。

モラハラ夫の暴言には反応しないで、無関心に徹する、なるべく別の部屋で過ごすなどして関わらないようにすること。

専門家に相談する。

そしてどうやっても改善しない場合は、別居などで物理的に離れることをおススメします。