モラハラ夫とやっと離婚できたのに、いつまでも苦しみから抜けられず、辛い想いを抱えて暮らしている被害者は大勢います。

そんな人はモラハラ夫の末路がどんなものなのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

自分をあれだけ苦しめたモラハラ夫。
離婚後幸せに暮らしてたら許せない!
ひとりになって苦しんでたらいいのに!

と考えてしまうのも仕方のないことです。

しかしいつまでもモラハラ夫の亡霊にとらわれていては、あなたはいつまでも幸せになれません。

今回はモラハラ夫の離婚後の末路についてご紹介します。

モラハラ夫離婚後の末路はどうなる?

モラハラ夫が離婚した後の末路はどうなるでしょうか。

妻に逃げられ子どもとも離れ、自分の行動を振り返り自分が悪かったと反省し、後悔して心を改めると思いますか?

多分違います。

実際は被害者と別れた後も反省することなく、変わらずにのうのうと生きているケースがほとんどです。

「離婚したのはあいつが悪い」「とんでもない女だった」と妻を悪者に仕立て、自分は被害者面して同情をひこうとするかもしれません。

そして新たなターゲットを探し、また新たなモラハラ被害者をつくるのです。

外面はめちゃくちゃいいので、死ぬまで世間からはモラハラの本性がばれない人の方が多いのではないでしょうか。

結局モラハラの本性を知るのは、モラハラ夫にターゲットにされた女性だけです。

★モラハラ夫は離婚後ストーカー化したときの対処法の記事はコチラ
モラハラ夫離婚後の末路はストーカー?モラハラ夫のストーカー化を防ぐ方法

モラハラ夫の末路!本当に幸せになれるのか

もしモラハラ夫が新しいターゲットを見つけ再婚したと知れば「あの男が幸せになるなんて許せない!」「なんであんな男が幸せになれるの?」と思うかもしれません。

しかしモラハラ夫は本当に幸せでしょうか。

新しいパートナーと付き合うようになり、結婚してすぐの頃は幸せでしょう。

「お前と別れたおかげでもっといい女ができたぜ」「お前みたいなクズと別れてよかった」などと自慢してきたり、さらに暴言をはかれるかもしれません。

しかしその幸せはきっと長くは続きません。

モラハラ加害者は、ターゲットを見つけて徹底的にいじめることで「自分は強い」「自分は偉い」と見せかけて、弱い自分を隠している人達です。

傷つけられたターゲットが加害者の元を去れば、また新しいターゲットを見つける・・・その繰り返しです。

新しいパートナーにも、そのうちモラハラ行為をするはずです。
そして数年も経てば、新しいパートナーにも限界がきて、いづれは捨てられるでしょう。

自分の何が悪いのかわからないまま、最後はひとりぼっちになってしまいます。

モラハラ夫本人が「弱い自分」「情けない自分」「ダメな自分」を認め受け入れ、愛することができない限り、本人は好き勝手にしていても結局はいつまでも孤独は埋まらず、本当の意味では幸せにはなりません。

モラハラ夫の末路・・・それは「埋まらない孤独」なのではないでしょうか。

★モラハラ夫を治す方法はあるの?詳しい記事はコチラ!
モラハラを治すのが難しい3つの理由!治るモラハラと治らないモラハラの違いは?

まとめ

モラハラ夫が離婚後どんな末路をたどるかは、その人その人によって異なります。

交際女性や元妻に対するひどいDVで最近話題になっている純烈の友井さんのように、世間にモラハラDVの本性を知られ、仕事もなにもかも失い世間から猛バッシングを受ける人はまれで、ほとんどのモラハラ男は死ぬまで本性がバレずにのうのうと人生を全うするでしょう。

しかし、モラハラ夫本人がダメな自分や弱い自分もひっくるめた「自分のすべて」を認められなければ、一生心の隙間は埋まらず孤独を感じ続けるのではないでしょうか。

たとえ天罰がくだらなかったとしても、心は一生満たされないでしょう。

それは決して幸せとはいえませんよね。

そしてもしあなたが「モラハラ夫の末路がどうなるのか気になる」と思っているなら、そう考えている間はあなたも本当の意味で幸せになれません。

まだモラハラ夫に執着しているということだからです。

別れたモラハラ夫のことなんかさっさと忘れて、自分の人生を楽しんでください。

モラハラ夫に対する復讐があるとしたら、それは早く加害者のことを忘れて自分が幸せになることです。

そんなことわかっていても、どうしても気になるという気持ちもよくわかります。
だってそれだけのことをされてきたんですから。

次回は本当の意味でモラハラ夫から解放されるための方法をご紹介しますね!

★モラハラ夫から解放されるための方法の記事はコチラ
離婚後もモラハラ夫にとらわれる妻たち!心から解放される方法は?