モラハラ夫に毎日毎日嫌がらせを受けていると、だんだん「いつもやられっぱなしで悔しい!」「モラハラ夫もぎゃふんと言わせてやりたい!」と、モラハラ夫に勝ちたい!と思ってきますよね。

勝つといってもいろいろな方法がありますが、真っ向から戦いを挑んでも勝てません。

モラハラ夫と戦うことは、ケンカすることではないのです。

ケンカをしないモラハラ夫との戦い方と、モラハラ夫に勝つ方法をご紹介します!

モラハラ夫にはケンカでは勝てない

モラハラの世界では、戦いに負けた者は奴隷のように骨の髄までしゃぶりつくされるという思い込みがあるので、絶対に負けるわけにはいきません。

モラハラ夫はどんな手を使ってでも勝ち続けなければいけないと思っています。

子どもの頃から戦い続けてきた百戦錬磨のモラハラのプロに、私たち一般人が敵うはずがありません。

生まれながらの戦闘民族サイヤ人に普通の子どもがケンカを売るようなもの。

ケンカを売ったところで返り討ちにあうだけです。

モラハラ夫との正しい戦い方は?

モラハラをやりにくくする

モラハラ夫との正しい戦い方。

それはモラハラ夫がモラハラをやりににくすることです。

どういうことかというと、

  • モラハラのやりがいを失くしてモラハラを空振りにさせる。
  • 徐々にあなた自身がモラハラされないキャラになっていく。
  • そして少しづつ時間をかけて、心理的に「妻はモラハラのやりがいがない」「モラハラをやりにくい」と、モラハラ夫に思わせることで、モラハラ自体を減らしていくのです。

    そもそもモラハラ夫がなぜあなたにモラハラをするのかというと、あなたにモラハラをしてもモラハラ夫はなんの不利益がないからです。

    そしておもしろいほど自分のモラハラ心をくすぐる反応をして、モラハラのやりがいを最高潮に感じさせてくれるんです。

    そこで、あなた自身がモラハラ夫好みの反応をなくすことで、モラハラ夫はあなたに対してモラハラのやりがいをなくし、さらにモラハラしにくいキャラになることでだんだんモラハラしようという気がそがれていきます。

    どういったキャラかというと、敵意や悪意はないけれど、クールでちょっと不気味なキャラです。

    これによって、モラハラ夫の戦う気力を奪ってしまうのです。

    合わせて読みたい

    モラハラにダメージを受けない自分になる

    モラハラ夫からの暴言や無視によって、あなた自身が傷ついてしまうから、「今日もモラハラ夫にこてんぱんにやられてしまった!」「負けた!」と思うのではないでしょうか。

    そして妻が傷つき、打ちひしがれている姿をみて、モラハラ夫は満足げに勝ち誇るのです。

    モラハラ夫はあなたを傷つけたい、暴言をはきたい、バカにしたいと思っています。

    これに対して、「どうしてそんなひどいこと言うの?」「そんなこと言われたら私傷ついたよ!」と、傷ついたり泣きながら反応すると、モラハラ夫は喜んで次はもっとひどいことやってやろうと、ますますモラハラの意欲がわきます。

    つまりあなたが「私の気持ちをわかって!」という訴えは、単純にモラハラ心をくすぐり、あおっているだけなのです。

    だってモラハラ夫にとって、妻は感情のある人間じゃないから。

    自分がどんなに痛めつけても、ぜんぜん問題ないなのです。

    あなたが最大に傷つく言葉を選び、最もダメージを与えられそうなタイミングで爆弾を投下し、さらにそれはあなた自身のせいで爆弾が投下したんだという責め方をします。

    モラハラ夫はあなたが無視できない、聞き流せないような言い方であなたを責めるので、あなたは簡単に無視できません。

    たとえば、モラハラ夫が「お前はいいよな。なんにもしないで俺の稼いだ金で遊んで」と言われたとします。

    専業主婦の場合、たしかに夫の稼いだお金で生活しています。

    家事も育児もやっているし、なんにもしていないことはないのですが、家事の仕事って、つきつめればいくらでも仕事はあるし、サボろうと思えばいくらでもサボれますよね。

    人の見方によっては、十分とも不十分ともいえます。

    そこでモラハラ夫は妻の家事の至らない点を、重箱の隅をつつくように探し出して挙げ連ね、攻撃します。

    モラハラ夫は全て妻が悪いように責め、「お前はまともに家事もできないのに人の稼いだ金で遊んでる」と罪悪感を抱かせ、「いい妻になるには夫の言う通りにすればいい」と思わせ、妻を支配しコントロールするのです。

    しかしモラハラ夫の暴言は事実ではありません。

    あなたを支配するためのツールのようなものです。

    合わせて読みたい

    そのことを頭において「この人ってこんな人なのね」「こりゃ変わらないわ」「ふ~ん。わかりました」と冷静に受け止めることが重要です。

    そのうえで、モラハラ夫が暴言であなたにダメージを受けたとしても、そこで「ダメージを受けた」とモラハラ夫に気づかれないようにします。

    モラハラ夫は無関心無反応が一番イヤなんです。

    ただし無視すると敵意と判断され攻撃されるリスクがあります。

    「あぁ・・・」「ふぅん」とかる~く反応して受け流すようにてください。

    あなた自身はモラハラ夫に対して「へ~そういうことですか。わかりました」と思って、モラハラ夫の存在が自分の人生の邪魔にならないように、隅に追いやって丸めてしまいましょう。

    自分の人生の片隅で丸まっているモラハラ夫なんかになにを言われても、たいしてダメージを受けません。

    また夫から「家事も何もしないで遊んでばっかりしやがって」といわれたら、実際に「家事もなにもやらないで夫の稼いだ金で遊ぶ妻」になってしまうことです。

    そしてら夫から言われても「そうね。あなたの言う通り私はあなたの稼いだ金で遊んでいるだけのタダ飯食いですけどなにか?」と、夫の言葉は事実なので傷つきません。

    本当は家事を頑張っているのに、「やっていない」と言われるから傷つくし腹が立つなら、もうやめてしまうのも手ですよ!

    とにかくモラハラ夫のモラハラによって傷つかない自分になることが大切です。

    合わせて読みたい

    モラハラ夫に戦っていると思わせない

    とても重要なことですが、モラハラ夫に「妻が自分に戦いを挑んできている!」と思わせては絶対にダメです。

    少しでも敵意を感じれば、モラハラ夫は全力で攻めてきます。

    そうなると素人ではもはや太刀打ちできません。

    「私はあなたと争うつもりはないのよ~」という涼しい顔をしながら、モラハラ夫の攻撃を華麗に交わして不発に終わらせるのです。

    モラハラ夫は妻の言葉のあげあしをとって攻撃するという技も持っているので、発言も極力減らします。

    言葉は短く、穏やかにが鉄則。

    モラハラのチャンスをできるだけ奪います。

    モラハラのチャンスをなくし、モラハラのやりがいをなくし、徐々にあなたのキャラが不気味でモラハラしにくくします。

    そしてモラハラ夫自身、実はあなたに負かされたことに気づくことなく、徐々にモラハラが減っていくのです。

    これがモラハラ夫との戦い方です。

    合わせて読みたい

    モラハラ夫に勝負で勝つ!それは戦わずして勝つ!

    モラハラ夫のモラハラ攻撃は、やりがいをなくして多少減ってきたとしても、おそらく今後もなくなることもなく変わらないと思います。

    しかし、受ける側のあなた自身がモラハラ攻撃に傷つかず、冷静に受け流せばモラハラ夫は自分の攻撃が空振りに終わります。

    これがモラハラ夫に勝負で勝つ!つまり戦わずして勝つ!ということです。

    モラハラ夫はあなたを傷つけたいと思っていますが、あなたが傷つかなければモラハラは失敗に終わりますから、モラハラ夫との勝負には勝っていることになると思うのですが、どうでしょう?

    まとめ

    モラハラ夫はモラハラのプロですから、あなたが夫に嫌がらせをしてやろう、ぎゃふんといわせてやろうと思っていても返り討ちにあうだけです。到底敵うワケがありません。

    モラハラ夫に勝つ方法は、戦わずして勝つ!

    あなたは、モラハラ夫の暴言に動揺せずに、堂々と毅然とした態度で「反応を薄くして」モラハラをかわしていきます。たとえモラハラ夫の言葉に傷ついたとしても傷ついた素振りをみせず、さらっと受け流します。

    そうすることで、モラハラ夫の「あなたを傷つけたい」という目的は空振りに終わり、あなた自身徐々に傷つかなくなれば、モラハラ夫に勝ったということになります。

    お知らせ


    夫のモラハラ・離婚についてのご相談、カウンセリングはコチラから↓


    よく読まれている記事






    関連記事