モラハラ夫と生活をしていると、徐々に自分というアイデンティティをむしばまれ失っていきます。

それは夫に支配され、自分で考えること感じることに鈍くなってくるから。

アイデンティティをなくしていき、何をやればいいのかわからない。頭が働かない。

傷つけられても、痛みに鈍くなり感情がうまく働かない。

楽しいことが見つけられない・・・

気が付かないうちに侵されている「自分自身」を取り戻す方法をご紹介します。

夫からの支配に気がつかない妻たち

おそらくあなたは「夫はモラハラかもしれない」と、うすうす感じているから私のブログに訪れてくれたのだと思います。

でも「夫はモラハラかも」とは思っていても、まさか自分が夫によって支配されているなんて露ほどにも感じていないのではないでしょうか。

私自身もそうですよ。

当たり前だと思います。

夫に支配されているなんて、現実感ないですもん。

このブログを書くようになってモラハラについて勉強するうちに、「支配を伴うことがモラハラ」なんだと理解したとき、「私の夫はモラハラには当てはまらない」と感じていたくらいです。

だけど今、夫と別居して丸2年、完全に交流を絶って半年経ち、最近ようやく「昔の自分が戻ってきた」ように感じるんです。

つまりこれまでの私は、夫の支配から解放されていなかったということ、かもしれません。

別居をしてから、「やっぱりあの結婚生活は支配を伴っていたんだな」って、やっと気が付くことができたんです。

合わせて読みたい

私が自分を取り戻したと感じたきっかけ

私が自分を取り戻してきたなと感じたきっかけは、音楽です。

私は独身時代は音楽が大好きで、家にいる間は音楽を流し、外に出かけるときは音楽プレイヤーを持ち歩いていつでもどこでも音楽を聴いていました。

でも夫とは音楽の趣味が違っていて、私の好きな音楽を流したり音楽番組を見るだけでもイヤな顔されていたので、私は自然に音楽から離れていってました。

昔の古い音楽プレイヤーに入っている曲を、家事をやりながらたまに聴くくらい。

でもそれを私が「我慢してる」と感じたことはありません。

それがむしろ自然な流れであるような気すらしていました。

子どもが生まれればそれこそ音楽をかけることもなくなり、こんなものだと思ってました。

でも最近になって、YouTubeで私の好きなバンドさんのPVやライブ映像を見たり、関連動画で私好みの新しい音楽に触れる機会がでてきて

やっぱり音楽っていいな!
音楽って楽しいな!
ライブ最高だな!

って、改めて思ったんです。

これまで自分の好きなものにフタをしていたのかもって気が付いたんです。

意識していたつもりはないし、別に夫のせいでガマンしていたつもりもありません。

それが辛いと感じたこともなかったけど、結局ガマンすることが私にとってスタンダードになってしまっていたんだと思います。

ガマンすることが当たり前だって。

でもきっと、普通に仲のいい夫婦って例えお互いの好みが違くても、そこを認め合って一緒に楽しんだり、そこは距離をとって別々に楽しんだり、自由にできるんだと思います。

最近になってはじめて、大好きなライブにまた参加したいな!って、やっとそこまで感じることができるようになったなりました。

感情が戻ってきた!っていう感覚!!

きっとこういうことが、自分を取り戻していくっていうことなのかなと思います。

夫と別居していても、夫と深く関わっていると、自分を取り戻すのにも時間がかかるんだなって、今回の自分自身の経験から思いました。

合わせて読みたい

モラハラ夫と同居中に自分を無くさないために

もしまだあなたが夫と同居していて、すぐに離れられないなら、自分を無くさないためにまずは自覚することが大事です。

「夫から支配されている」
「モラハラを受けいている」
「我慢している」

ということを認めることです。

このブログでも何度も話していますが、モラハラ被害者は自分がモラハラを受けているという自覚がしにくいです。

それはモラハラ夫が巧妙にあなたを悪者にして、自分は被害者だという図を作り上げてしまうから。

あなたは罪悪感を埋め込まれて、被害者だと気が付けないんです。

ただの八つ当たりなのに「俺が怒っているのはお前のせいだ」という態度をとるくせに、どうして怒っているかは絶対に教えてくれない。

それどころか「お前が自分で気が付け!」という態度です。

そこであなたは必死に「自分のなにが悪かったのか」「何をそんなに夫を怒らせてしまったのか」考えます。

このときの思考は完全に「私が気が付かないうちに夫に悪いことをした」と、加害者意識で振り返っているはず。

最終的に夫が怒っている原因はわからないまま。

夫からは「俺にこんな酷いことして気がつきもしない薄情な女」というレッテルと張られ、夫に対して申し訳ない気持ちになるのです。

だけど実際にはあなたは何も悪いことはしていません。

モラハラ夫があなたを責めるのはただの八つ当たりです。

「自分で気がつけよ!」と本当の理由を答えないのは、ただの八つ当たりで理由もなくあなたを責めたいから。

そしてあなたに罪悪感を植え付け、徐々にあなたの心を縛り支配していくんです。

だからあなたは理不尽に責められたら、「これは理由なんてない。私は理不尽に責められている!」と自覚することが大事です。

自覚することで、夫からの支配から逃れることができます。

合わせて読みたい



自分を取り戻す方法

夫から支配されていると、うまく頭が動きません。

だからまずは考えずに、体を動かすようにしてみてください。

昔の好きだったことや趣味があればサークルに参加してみたり、ジムで思いっきり体を動かしたり、お気に入りのカフェを見つけて好きな本に没頭したり・・・

気軽に参加できるイベントやライブに参加してみたり、目的もなくぼーっと電車やバスを乗り継いで全然知らない場所に行ってみたり。

外にでて、夫から支配されている空間から離れて、あなたが楽しめるあなたの場所を作るんです。

全く新しいことを始めてもいいですし、昔好きだったことを取り戻してもいいです。

夫のいない時間に
夫のいない空間
夫の知らない場所で

あなたの好きなこと、好きだったものを生活に取り入れることで、自分自身を取り戻していくことになります。

合わせて読みたい

まとめ

私自身、最近自分の好きだった音楽に久しぶりに触れたことで、「そういえば私結婚している間ずっと音楽から離れていたな」と気が付いたんです。

考えてみれば他にも、服装や髪形まで口をはさまれて、好きなファッションや髪形にはできなかったなと思います。

ロングが好きだからと、髪はほとんど切らせてもらえませんでした。

別にガマンしていたわけでもないし、それを不満や不服に思っていたわけでもありません。

ここを自覚していないことが問題なんですよね。

自覚していないから、支配されていることに気がつかず、支配はどんどん深くなっていきます。

ガマンしている自覚はなくても、あなたが好きなものを手放したのは、夫がイヤな顔をしたとか何か言われたことがあるとか、何かしら夫からのアクションが原因なら、それは支配が伴っている可能性が非常に高いです。

夫から完全に支配されないために、あなたは自分を取り戻さないといけません。

そのために新しいことを始めたり、独身時代好きだったことをもう一度始めるなど、あなたの世界に没頭してみてください。

楽しい気持ちを引き出して、意識して自分をなくさない、取り戻していくことが大事です。

合わせて読みたい

よく読まれている記事


離婚後の不安や後悔を少しでも解消するために、離婚準備徹底マニュアル大公開!

まずは弁護士に相談したい!そんなとき無料であなたにあった弁護士を探してくれるサービスがあることをご存じですか?

お金がないから離婚できない・・・そんな人のために私が実践した在宅での働き方をご紹介します!

お知らせ


夫のモラハラ・離婚についてのご相談、カウンセリングはコチラから↓



関連記事