先日のブログで、モラハラはの病である場合が多いとご紹介しましたが、モラハラ夫から毎日のように暴言を吐かれている妻こそ、心身に影響がでてくる可能性が高いので注意が必要です。

モラハラを受けている妻が一番危険!

モラハラ夫の暴言や嫌がらせに耐えながらも、「いつかまたあの優しい夫に戻ってくれるのでは」という期待を捨てられず、いつまでも離婚できずに心身に影響がでる妻も少なくありません。

またモラハラの特徴として、いつもいつもキレているのではなく、モラハラが落ち着いている時期や機嫌がいいときなどは優しい夫、優しい父親であることも多いため、妻はなんとなく傷つけられたことを忘れてしまうこともあります。

これは妻のの防御本能からくるもので、自分の身を守るために傷つけられたことは早く忘れて、「ケンカもするけどこれはこれで幸せな家族だ」と思い込もうとするのです。

しかしが無理をしているのを無理矢理フタをして見ないようにすることで、ストレスはどんどん溜まり、心はむしばまれ心身に影響が出てくることもあるのです。

モラハラ被害によるの影響は

モラハラを受け続けることで、被害妻のにどんな影響があるのでしょうか。

自信をなくす

モラハラ夫は実に陰湿に相手の人格や存在さえも否定します。
常に上から見下しバカにし、妻の仕事、価値観、趣味、友人や親族などすべてを否定します。

ひとつひとつは些細なケンカの延長のような言葉や態度でも、それが長期間続き自分を見下され続けることで次第に精神的に追い込まれていき、自分に自信が持てなくなってしまいます。

無気力になる

モラハラ夫は妻が何をやってもどうしたって妻を責めます。
「悪いことはすべて妻のせい」と攻撃され続けます。

言い返せば100倍になって攻撃されます。
一度や二度のことであれば耐えられますが、これが毎回毎回繰り返されることで、「がんばっても意味がない」「どうせ否定されるだけだ」とがもちこたえられずに、思考を止め、嵐が過ぎるのを待つだけになり、次第に無気力になるのです。

ヒステリー症状

モラハラ夫にズタズタに傷つけられたはすでに限界で、コップの水はいっぱいいっぱいで溢れそうな状態になると、「もうこれ以上傷つけられたくない」妻は、自分を守るために、ちょっとの言動でも敏感に反応し、相手を攻撃しようとヒステリー状態になりやすくなります。

にちょっとの隙間もなくなった妻は、些細なことでも感情が爆発し、感情を抑えることも止めることもできなくなります。

逆にモラハラ夫は落ち着いた状態で陰湿に相手を攻撃し、「妻が加害者で自分が被害者だ」という構図にすり替えるのです。

これらの症状が重なって、精神的に重篤な病を患う場合もあるのです。

の病を治すにはモラハラ夫と離れることが一番!

モラハラ夫と同じ空気を吸っている間は、妻のの安定はありえません。
まずはモラハラ夫から離れることが一番です。

被害妻はに影響が出る前に、モラハラ夫とは早急に別居するべきです。
モラハラ被害を受けている妻はなかなか自分の症状に気がつきにくいことから、症状が悪化していきます。

の病が悪化した場合は、モラハラ夫と離れただけで簡単に治らないので、治療に時間がかかるケースもあります。

時間がかかっても、モラハラ夫と離れ、自分の環境を変えていきましょう。
環境を変えずにズルズルとモラハラ夫と一緒にいることは、自分のをむしばんでいき、モラハラ無限ループへ陥ってしまいます。

子どもがいればなおさら、子どものためにも環境を変えることは、あなたや子どものの健康のために非常に重要です。