モラハラ夫に悩んでいる妻は、夫から暴言を吐かれ、自尊心を失い罪悪感にとらわれ、セルフイメージはどんどん落ちていきます。

自分で何とか気持ちを戻そうとしても、すでにメンタルが落ちてしまうとなかなか自力で戻すことも難しく、メンタルが戻ってもまたすぐに夫のモラハラで落とされます。

自分を責めるばかりで褒めることがほとんどないモラハラ被害者は、自分でなかなかセルフイメージを上げるのが難しいですよね。

今回はモラハラ被害者がセルフイメージを上げる方法をご紹介します。

セルフイメージって?

セルフイメージってよく聞くしなんとなくイメージはできるけど、具体的にどんなかと聞かれるといまいち説明しにくいという人も多いですよね。

セルフイメージとは、言葉の通り自分に対して持っているイメージのことです。

自分のことをどんなふうに認識しているかですね。

例えば

  • 私ってなにをやってもうまくいく。私ってなにをやってもうまくいかない
  • 私は運がいい。私は運が悪い
  • 私は愛されている。私は愛されない

あなた自身が自分のことをどんな人間だと思っているか。
自分は周囲からどんな風に思われているのか。

自分自身に対するイメージのことです。

どうしてセルフイメージを上げるのがいいの?

普通にセルフイメージを上げることは大切ですが、モラハラの被害を受けている人は特にセルフイメージを上げる方がいいです。

それではセルフイメージを上げていくと、どんなことがいいのかご説明します。

前向きに物事を考えられるようになる

セルフイメージが低いと「どうせやっても無駄だ」と諦め、チャレンジすらやめてしまいます。

しかしセルフイメージが高いと、「私はいつかできる」と思っているので、「どうすれば達成できるか」を考えて行動し、チャレンジしていきます。

失敗しても次の策を考えて、成功するにはどうするべきかを常に考えているので、成功しやすいんです。

失敗したらしたで、「なぜ失敗したのか」を考えて、次の学びに活かせます。

前向きに考えられることで諦めずにチャレンジすることができます。

モラハラ被害者に関していえば、前向きに考えられることで「夫と別れてもなんとかなる」「別れてひとりになっても幸せになれる」と、モラハラ夫と離れる選択肢が自ずと出てきます。

夫の言葉に傷つかなくなる

セルフイメージが低いと、人から何か言われると傷つきやすく立ち直るにも時間がかかります。

夫から言われた間違った評価を真に受けてしまい、「やっぱり私はだめなんだ」とますます自分を責めてしまいます。

セルフイメージが高いと、夫から理不尽なことを言われても夫の言葉に左右されず、自分は自分だと心を強く持つことができます。

心が強くなれば、夫からの言葉にいちいち傷つかなくなり自尊心も傷つけられることも減ってくるでしょう。

ただモラハラの環境下で、セルフイメージを高く持ち続けるのは非常に難しいです。

セルフイメージを上げる方法

それではセルフイメージの上げ方をご紹介します。

自分に自信をつける方法とよく似ているので、常に両方を意識してやってみてください。

小さな成功体験を積み重ねる

これは自分の自信をつけるためにもとても大事です。

セルフイメージが低い人や自分に自信がない人は、そもそもの成功体験が少ないと思っています。

それは何かをやり始めても続かなかったとか、やろうと思っていたけどできなかったなどです。

そこで小さなことでいいので、達成グセをつけていきます。

例えば、

「今日は朝子どもが出かける前にハグしよう」
「今日は普段やっていない〇〇の掃除をやろう」
「明日は○時に起きる」

など、小さなことでOKです。

ちなみに自信をつけるためには、できたことを書いていく→達成できたことを書き出して成功体験を積み重ねていくことが大事でした。

セルフイメージを上げるには、達成体験を積み重ねることが大事です。

どちらも同じように、小さな目標を作って達成していく経験を増やしていきましょう。

理想の人をモデリング

自分がなりたい人や憧れている人を見つけて徹底的にマネします。

憧れのあの人ならどんな行動するだろう。
こんな時どんなふうに考えるだろう。

と、目標にする人をよく観察し、イメージしてその人になったかのように振る舞います。

成功したければ成功者のように振る舞うことが大事です。

目標にする人は、自分が好きな芸能人でもいいですし、ずっと憧れていたアニメやマンガのキャラクターでも構いません。

目標や憧れは言葉にして口に出す

言葉にすることで曖昧だった目標が明確になります。

自分の頭の中だけで考えるのではなく、口に出して言語化していく習慣をつけましょう。

目標が決まったら「今日は〇〇をやる」と口に出して
何かできたら「よくやった私!」と口に出して褒めます。

そして1日1回は自分自身のこと、言葉にして褒めてあげましょう。

また

「私はできる」
「私は価値のある人間だ」
「幸せになっていいんだ」

と自分を認めてあげることも大事です。

どんなに小さなことでもいいので、自分のいいところ長所をリストにするのもいいですよ。

注意!セルフイメージは周りの人間関係に大きく左右される

多くの場合、セルフイメージは過去の体験などから下がったり上がったりとすることが多いです。

しかしモラハラを受けている被害者は、夫によってセルフイメージを下げられている場合が圧倒的に多いんです。

もちろんモラハラの被害者になる人は、元々マイナス思考であったり元々のセルフイメージが低い人が多いのですが、モラハラ夫との結婚生活でさらにセルフイメージが下げられてしまいます。

例えば友人などでも、ネガティブな発言ばかりしている人と一緒にいると、知らないうちにセルフイメージはどんどん下がってしまいます。

モラハラ夫のように、あなたの価値を認めずネガティブな発言ばかりしている人と一緒にいてセルフイメージが上がるはずがないのです。

セルフイメージは周りの環境や人間環境によって大きく左右されるんです。

セルフイメージをあげるためには、物事に対してポジティブでアクティブな人たちとの関わりがとても重要です。

夫の場合はよっぽど覚悟を決めて離れるしか方法はありませんが、「夫の存在は自分のセルフイメージを下げる危険な存在だ」と自覚し、意識しておくことで影響を受けるのを最小限に抑えるようにしましょう。

この時目標とする人、憧れの人になるために徹底的にモデリングをすることで回避できます。

モラハラ夫の影響を最小限にするためにも、自分の環境をきちんと把握しておくことと徹底的にモデリングするようにしましょう。

まとめ

モラハラを日常的に受けている人は、身近にいる夫から認められないためにセルフイメージが低くなりがちです。

セルフイメージが下がることで、「自分はできない人間だ」と卑屈になり新しいことをやろうという気持ちもなく、人生を諦めてしまいがちです。

そのせいで「私が夫なしで生きていけるわけはない」「私に離婚して1人で子どもを育てるなんてムリに決まっている」と、自分の人生を生きることを諦めてしまう人が非常に多いのです。

そのせいで我慢を続けて心を病んでしまう人も大勢います。

そんな不幸にならないためにも、あなた自信の幸せな人生を取り戻すためにも、まずはセルフイメージを上げる練習をして行きましょう。

よく読まれている記事


離婚後の不安や後悔を少しでも解消するために、離婚準備徹底マニュアル大公開!

まずは弁護士に相談したい!そんなとき無料であなたにあった弁護士を探してくれるサービスがあることをご存じですか?

お金がないから離婚できない・・・そんな人のために私が実践した在宅での働き方をご紹介します!

お知らせ


夫のモラハラ・離婚についてのご相談、カウンセリングはコチラから↓



関連記事