モラハラ夫と離婚したい!
だけどモラハラ夫と離婚するのは、実は通常の離婚よりも難しいのです。

モラハラ夫と少しでも有利に、そして確実に離婚する方法を紹介します。

モラハラ夫と協議離婚はむずかしい!

モラハラ夫との離婚は非常にむずかしいです。

普通、妻から離婚を申しだされた夫はどんな反応をするでしょうか。

驚きショックを受けるでしょう。
そして自分の何がいけなかったのか過去の自分をふり返り、反省し、今後どのようにすればやり直せるかを考え、妻と話し合おうとするでしょう。

しかしモラハラ夫はそうはいきません。
離婚を切り出されたら、まず妻の言い分をすべて否定し、まともに話し合おうともしないでしょう。

「これまで生活させてやった金を払え」
「離婚するなら今すぐ出ていけ」

などと暴言を吐くこともあるでしょう。

<離婚だけなら了承しても、お金の取り決めでもめることはほぼ間違いないでしょう。

離婚にはお金の話し合いは必須です。
財産分与、慰謝料、子どもがいれば養育費がありますが、これらのお金を「なぜ俺が払わないといけないんだ」と言って一切支払わない、もしくは少額に値切られる可能性が高いです。

モラハラ夫は自分がモラハラなどとは微塵も思っていないので、慰謝料なんて支払うはずもありません。
むしろ自分の方が被害者だと言い張り、逆に慰謝料を請求してくる可能性もあります。

お金のことを話し合おうとしても、「お前が勝手に出て行ったんだから自分でなんとかしろ」など、すべて妻が悪いと決めつけてまともに話そうとしません。

あたかも当然のように平気で理不尽なことを言ってきますから、モラハラ夫とまともに話し合いをするのは非常に難しいです。

モラハラ夫とは協議離婚をするのは無理と考えて、調停や裁判で離婚することを覚悟しましょう。

モラハラ夫と離婚するなら調停もしくは裁判を覚悟して

モラハラ夫と離婚するなら、調停でも決着がつかないことも多々あります。
協議離婚は無理と考えて最初から、調停から裁判になることも覚悟しておきましょう。

離婚裁判を見越して、早い段階から弁護士さんに相談することをおすすめします。
無料相談や電話相談をやっているところもありますので、まずはどれくらいの費用がかかるのか、どの程度の養育費や慰謝料がとれるかなど具体的に相談することができますよ。

★失敗しない弁護士の選び方のくわしい記事はコチラ★
モラハラに強い離婚弁護士の選び方!離婚弁護士選びで失敗しない5つのポイント
★弁護士費用を少しでも安く抑えるなら法テラスの利用が有効!法テラスのくわしい記事はコチラ★
法テラスで離婚弁護士費用はこんなに安くなる!法テラスのメリットデメリット!

離婚調停について

離婚調停はモラハラ夫の住所地を管轄する家庭裁判所に、離婚調停の申し立てをします。

★離婚調停に関する詳しい記事はコチラ★
離婚調停をスムーズに進めるための全手順!

離婚調停で気をつけたいポイント

モラハラ夫は非常に外面が良い場合がほとんどですから、誠実そうな態度で調停員をうまくだます可能性があります。
自分の都合のいいように平気でウソをつき、自分がいかに傷つき理不尽な扱いを受けているのかを語るでしょう。

日頃から周りの人間からは「いい人」「優しい夫」「子煩悩パパ」を演じているモラハラ夫にとって、調停員をだますことなんて簡単なことです。

またモラハラに理解のある調停員にあたればよいですが、理解のない調停員なら「それくらいのケンカは夫婦ではよくあること」とモラハラ夫の見方になる調停員もいるでしょう。

そうなってくると「妻のガマンが足りない」と、妻が不利になることもあります。

そうならないためにも、必ずモラハラの証拠になるものを集めておきましょう。
ボイスレコーダーやスマホの録音機能、日記やメモでも構いません。
いつどのような状況でどんな暴言を吐かれたのかを詳しく記したものを集めておきましょう。

また第三者の前でモラハラ行為があった場合は、その第三者に陳述書を書いて書いて提出してもらうのも有効です。

いかにモラハラがひどかったのか、理不尽なことで責められ苦しめられたのかを調停員に証拠をもって訴えるようにしましょう。

★モラハラの証拠の集め方のくわしい記事はコチラ★
モラハラの証拠になるものは何?集め方と注意点

最終的には離婚裁判までいくことを覚悟する

離婚調停が不成立となれば、自動的に離婚裁判になります。

主に離婚後のお金のことでもめるケースが多いです。
「自分は悪くないのだから慰謝料は絶対に払わない」「むしろお前が慰謝料払え」「養育費が高いから払えない」などと言ってきて、調停でも決着がつかないことも少なくありません。

調停ではお互いの合意が必要ですが、裁判では裁判官の離婚判決が出れば離婚できます。
その時に、どんなにモラハラ夫が納得していなくても、相場の金額の財産分与や養育費、慰謝料が認められれば慰謝料の支払いなどが決まります。

これはモラハラ夫がどんなに拒んでも、支払わなければいけません。
もし支払いを拒否しれば、給与や財産の差し押さえなどで強制的に支払わなくてはいけなくなります。

離婚をしようと決めたなら離婚裁判までいく覚悟で、証拠とお金をためる必要があります。
証拠が多ければ多いほど、そしてモラハラの程度がひどければひどいほど慰謝料が認められる確率が上がります。

まとめ

離婚を決めたら、「もうお金なんていいから、今すぐにでもあんな男と離婚したい」と思う女性がほとんどでしょうが、これから先女性が一人で生きていくのにお金は必要です。

専業主婦であった場合や子どもがいる場合、仕事を探すのも大変ですし経済的に苦しくなる場合がほとんどです。

将来の自分や子どもとの生活のために、少しでも多くの養育費や慰謝料をとれるようにするべきです。

裁判までいくと時間もかかりますし、費用もかかります。
しかしモラハラ夫とは協議離婚はほぼ不可能と考えて、裁判までいく覚悟で証拠集めと裁判費用をためていくことをおすすめします。