HSPはモラハラ夫のターゲットにされやすい!理由と対処法を徹底解説

2021年4月13日


HSPって聞いたことありますか?

 

実はモラハラ夫のターゲットにされる人って、

HSPである人が多いんです。

 

それはHSPがモラハラ夫に最適で、

最もモラハラしやすいから!

 

今回はHSPについてと、

HSP妻とモラハラ夫の関係について

詳しくご紹介していきます!

HSPはモラハラ夫のターゲットにされやすい

HSPの人は

人や場の空気を読むのがうまく、

モラハラ夫の気分を素早く察知して

先回りして動いてくれます。

 

そのため、

モラハラ夫からしたら非常に居心地がいいんです。

HSPについて詳しくご紹介します。

HSPとは

HSPとは、

人よりも繊細で高い感受性と

敏感な気質を持っている人のことをいいます。

 

Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略で、

HSPと呼ばれています。

 

他人の感情や雰囲気、

環境の変化などに対して非常に敏感。

 

ですから相手の行動や発言、

感情など気にしすぎてしまうため

日常生活で疲れやすいんです。

 

統計的には人口の約2割ほどいるといわれていて、

5人にひとりがこの気質を持っています。

 

逆にいえば残りの8割はこの気質に当てはまらず、

なかなか周りから理解されずに

生きにくさを感じている人も多いようです。

HSPの特徴

HSPの人の特徴は

なんといっても高い感受性です。

 

感受性が強く他人の言動や感情、

表情の変化などにも敏感に反応してしまいます。

他にも

  • 場や人の空気を察知しやすい
  • 五感に受ける刺激に敏感(におい、音、相手の表情など)
  • 共感力が高い
  • 人の影響を受けやすい
  • 情報を深く読み取る
  • 自己肯定感が低い

などの特徴があります。

これらの特徴に当てはまる人は、

HSPの気質の持ち主かもしれません。

 

HSPの人は、

相手の感情に敏感に察知し、

細やかな気遣いができるという面では

女性として非常にいい面でもあるんですよ。

 

ただ過剰に気にしすぎてしまい、

傷つきやすいので

HSPの人自身がとても疲れてしまう傾向があります。

HSP妻がモラハラ夫のターゲットになりやすい理由

HSPの気質を持っていると、

モラハラ夫の恰好のターゲットになりやすいんです。

 

HSPの人が

モラハラ夫のターゲットになりやすい理由とご紹介します。

HSPの人は敏感にモラハラ夫の空気を察してくれる

HSPの人は、

場や人の空気に敏感に察することができますので、

モラハラ夫が何を要求しているのか、

次に何を求めてくるのかをすぐさま判断し行動できます。

 

モラハラ夫からしたら、

自分が何もいわなくても、

態度ひとつで自分の思い通りに動いてくれるので

非常に都合がいいんです。

 

HSPの人はコントロールがしやすい

HSPの人は、

感受性が鈍感な人に

比べてコントロールがしやすいんです。

 

HSPの人は、

モラハラ夫の要求を敏感に察知して

先回りして行動してくれます。

 

それをモラハラ夫は

「俺はそんなこと求めていない!」
「お前が勝手にやったんだ」

と拒絶したりします。

 

HSPの人は

「私が夫を理解できないばかりに
余計なことをしてしまった・・・」

「イヤな気持ちにしてしまった」

 

と、罪悪感を抱きやすいんです。

 

罪悪感を植え付けられた妻は、

自ら夫の望むように行動します。

 

モラハラ夫から命令されているわけではないので、

妻自身も被害者という自覚を持ちにくくなります。

罪悪感をくすぐると、

簡単にコントロールできてしまうんです。

 

HSPの人のように

感受性の高い人の方が罪悪感を抱きやすく、

支配しやすいのも

モラハラ夫のターゲットになりやすい原因でもあります。

モラハラ夫に同情しやすい

モラハラ夫は基本的に

「自分は被害者だ」という態度です。

 

人の気持ちに敏感で共感力の高いHSPの人は、

そんなモラハラ夫がかわいそうに感じやすいんです。

 

モラハラのターゲットになっている人は、

多かれ少なかれ夫に同情して

別れられない人がいるはずです。

 

またモラハラ夫自身も

自分を同情してくれる人を求めているため、

HSPの人は恰好のターゲットになりやすいんです。

HSPの人がモラハラ夫の攻撃から自分を守る方法

HSPの人は

モラハラのターゲットになりやすいだけではなく、

共感力の高さから

モラハラ夫に同情してしまい

なかなか別れることもできません。

 

そんなHSPの人が

モラハラ夫の攻撃から自分を守る方法。

 

それは自分がHSPだと気がつくことです。

 

多くの人は自分がHSPだと気がつかず、

自分はどうして

こんな些細なことを気にするんだろう

と自分を責めて落ち込みます。

 

HSPかもしれない。

私が生きにくいと感じていたのは、
HSPだったからなのかも!

 

と気がつくことです。

 

実は繊細で些細なことにすぐに傷つき、

気にしてしまう自分自身に対して、

「生きづらさ」を感じている人は非常に多いんです。

 

それがなんなのか、

なぜなのかわからないことにさらに苦しんでしまいます。

 

HSPは病気ではありませんが、

HSPという名前に出会って

そういう特徴の人がいるんだ

とわかることで安心できるんです。

 

些細なことで傷ついて落ち込んだとしても

「私HSPだからこんなに気になるんだ」

と、原因がHSPのせいであるとわかれば、

気持ちが楽になります。

 

また夫が些細なことで怒ったとして、

あなたが罪悪感を抱いても

「HSPだからそんな風に感じてしまうけど、

私のせいではない」

 

と、自分の責任ではないと気がつくことで、

これまでの苦しかった気持ちが少し楽になれます。

 

モラハラ夫からの理不尽な攻撃を受けても、

「私は悪くない」と

楽観的に物事をとらえるクセをつけていくと

もっと楽になれると思います。

 

また自分がHSPだと気がつくことで、

「だから夫に対してこんなにかわいそうだと感じてしまうのね」

と冷静に分析することもできます。

 

モラハラの一番の解決策は、

モラハラ夫から離れることです。

 

HSPの人はその敏感で繊細な気質から、

深刻なダメージを受けやすいので、

すぐに離れることをおすすめします。

 

モラハラの被害者全員にいえることですが、

まずは自分の状態や状況を正しく理解し

気がつくことが非常に重要です。

まとめ

今回はHSPとモラハラ夫についてご紹介しました。

 

HSPの特徴に当てはまると思う方は、

もしかしたらそういう気質なのかもしれませんね。

 

モラハラのターゲットになる人は、

HSPの人が多いんです。

 

モラハラしたい男からしたら

HSPの女性は

ドンピシャ好みといえます。

 

HSPの人は、

モラハラのターゲットになりやすいことも

しっかり理解しておくことも大切ですよ。

<この記事が参考になればフォローお願いします>

<応援クリックをお願いします>
にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

2021年4月13日モラハラ被害者被害者

Posted by 夏本涼加