モラハラ夫から毎日のようにモラハラ被害を受けていた場合、精神的苦痛を与えられたとして慰謝料を請求することができます。

しかしモラハラは家庭の内部だけで行われ、モラハラ夫はほとんどの場合外面が非常に良いこともあって、モラハラの事実を証明することは非常に難しいのです。

そこでモラハラ被害による慰謝料の請求の手順を徹底解説します。

モラハラの慰謝料の相場は?

モラハラの度合いや期間、収入によっても変わります。
また被害を受けた人に非はあったかなかったか、精神状態(モラハラを受けて鬱病になったなど)でも大きく異なりますが、だいたい50万円から300万円程度の慰謝料が相場になります。

実際にモラハラ夫から「妻への思いやりがない」との理由でモラハラ夫から慰謝料100万円が認められたケースもあります。

モラハラを受けたことでどれほどの苦痛を与えられたかや、モラハラの内容がひどい場合、その期間が長ければ長いほど慰謝料は高額になるでしょう。

モラハラ被害で慰謝料請求の手順は?

モラハラ夫に慰謝料を請求したい場合、必要なものを集めておかなければいけません。

何度もご説明していますが、モラハラの証拠です。

証拠がなければモラハラで訴えることはできません。

モラハラを受けた日時や内容がわかるメモや日記、ボイスレコーダーなどの記録です。
もしモラハラが原因で精神的に病んだ場合、診断書があれば証拠として慰謝料請求において必要になってきます。

★モラハラの証拠集めについてくわしい記事はコチラ★
モラハラの証拠になるものは何?集め方と注意点

離婚調停の申し立て

話し合いで決められれば一番よいのですが、モラハラ夫がまともに話し合えるはずもありません。
慰謝料の支払いなんて断固拒否するでしょう。

そこで離婚調停を申し立て、第三者に入ってもらいモラハラ夫と合意点をみつけることになります。

しかしモラハラ夫の合意がなければ調停は不成立に終わり、裁判を起こすことになるでしょう。

離婚裁判を起こす

調停で慰謝料に合意しなければ離婚裁判を起こす必要があります。

ほとんどの場合、調停で慰謝料の合意を得るのは難しいでしょうから、最初から裁判までいく覚悟を持って離婚に臨みましょう。

離婚裁判を起こす場合は、弁護士さんにお願いするのが一般的です。
裁判にまでなると時間も費用もかかってきますから、それなりに覚悟が必要です。

離婚を考えたときから、すぐにでもお金をためるようにしましょう!

少しでも高額の慰謝料を受け取るには、まずは証拠集めとお金をためる必要があります。

大変ですが、弁護士に依頼したことで相手があきらめて早くに決着がつく場合もあります。

少しでも有利に事を進めてもらうためにも、早い段階で弁護士さんに相談することをおすすめします。

★弁護士費用を抑えるくわしい記事はコチラ★
離婚でかかる弁護士費用の相場は?弁護士費用を安く抑える方法!
★失敗しない弁護士選びについてのくわしい記事はコチラ★
離婚弁護士選びで失敗しない!自分に合った弁護士の選び方

まとめ

モラハラ夫からのたび重なるモラハラ行為を受けた精神的苦痛に対して、慰謝料を請求することができます。

慰謝料の請求には何をおいても証拠が重要です!
モラハラを受けていれば、今すぐ離婚を考えていなくても証拠は集めておいた方がいいですよ!

モラハラ夫は慰謝料の支払いには断固拒否するでしょうから、慰謝料を請求するとなるとおそらく離婚裁判までいく可能性もあります。

その場合は弁護士に依頼しなければいけませんから、ある程度費用がかかってしまいます。

早いうちからの証拠集めとへそくりを貯めるなどして、資金集めの準備をしておくことをおすすめします。