前回のブログでは、別居や離婚後実家で両親と一緒に暮らすことは(私は)苦痛だったと書きましたが、実家暮らしにはメリットもたくさんあります。

別居、離婚後のシングルマザーが実家で暮らすメリットデメリットをご紹介します。

別居、離婚後シングルマザーになった女性の転居先

モラハラ夫と別居や離婚をした後、自分がそのまま夫と暮らしていた家に住めればいいですが、自分が出て行くとなるとどこに住むのがいいんでしょうか。

実家に帰って両親と同居するか、自分でアパートを借りて両親と別居をするか。
どちらにするか選べる人はかなり恵まれていると思いますが、ほとんどの場合選択の余地はないんじゃないでしょうか。

すでに両親が他界していたり、家が狭くて一緒には住めなかったり、経済的に両親が暮らすのでいっぱいいっぱいならとても実家を頼ることはできません。

また逆に専業主婦だったり子どもが小さい場合は、外で働くにしてもひとりでアパートを借りて自活するのはとても厳しいです。

とくに父親と離れて子どもがさみしく不安なときに、母親まで仕事や家事におわれて子どもと過ごす時間が少なくなれば、子どもの心にも大きな影響が出てきます。

私の場合は洗選択余地はなく実家でした。
夫と同居中から在宅でライティングの仕事はしていましたが、別居する直前に自分でサイトを立ち上げたところで、収入がゼロに戻ったばかりでした。

今思えば本当はある程度でも収益が出てから別居に踏みきるべきでしたが、そのときは精神的な余裕がなくもう別れることしか頭にありませんでした。

この先半年でも3ヶ月でも、この夫と暮らすのは無理な精神状態でした。

一刻も早く別れるには実家しかありませんでした。

実際は実家も居心地のいい場所とは程遠いところでしたが・・・

シングルマザーにとって実家のメリットデメリット

別居や離婚後のシングルマザーの実家暮らしにはメリットとデメリットがありますので、ご紹介します。
あなたと両親の性格や、両親との関係性、経済力などにもよって大きく変わりますけどね。

あなたがいつか別居や離婚した後の移住先を決める際の参考にしてみてください。

シングルマザーにとって実家暮らしのメリット

子どものいるシングルマザーにとって、実家で暮らすことはメリットがたくさんあります。
特に小さな子どもがいる場合は、おじいちゃんおばあちゃんと暮らせること、家族が増えることはとてもいいことです。

子どもがさみしくならない

突然大好きなお父さんと別れてしまった子どもにとって、おじいちゃんやおばあちゃん、あるいは母親の兄妹などが一緒に暮らすことは、家族が増えて賑やかになり子どももさみしさが紛らわせたり、心が癒えることもあるでしょう。

母親に叱られても、おじいちゃんやおばあちゃんがフォローしてくれることもありますし、子どもにとって逃げ場所ができるのは大きなメリットです。

大人の目が多いと安心ですし、母親が家事で忙しいときもおじいちゃんやおばあちゃんがかまってくれたり、仕事で母親の帰りが遅くなったとしても家にだれもいなくて子どもだけで過ごすこともありません。

子どもが小さければおじいちゃんやおばあちゃんは大変ですが、子どもにとっては大好きなおじいちゃんおばあちゃんと暮らせて賑やかに楽しく暮らせます。
それは母親であるあなたにとっても大きなメリットになるはずです。

経済的にとても助かる

実家暮らしのメリットはなんといっても経済的にとても助かることです。
私の場合は実家に月5万だけ入れています。

子どものオムツ代やレジャー代などはもちろん別で私が出しますが、家賃、食費、水道光熱費、トイレットペーパーや石けんなどの家族共通の日用品もすべて込みですから、かなり安く生活できます。

自分でアパートを探すとなると、家賃だけでも月5万円の物件を探すのは難しいですよね。

子ども二人を含めた家族3人が月5万円で生活させてもらっているわけですから、経済的にはとても助かっているのも事実です。

家事育児仕事すべてをひとりで背負わなくてもいい

自分でアパートを借りて生活するなら、母親は仕事をして子ども達を養いながら家事育児すべてをひとりでこなさないといけません。

仕事でどんなにくたくたでも、子どもにご飯を食べさせないといけませんし、育ち盛りなのでそんなにしょっちゅう手抜きもできません。
掃除も洗濯もしないといけないし、子どもとの時間も必要です。

これらをすべてひとりでやらないといけないのは、精神的にも肉体的にも大変です。

子どもにさみしい思いをさせて必死に働いたとしても、経済的にはカツカツで全然楽にはなりません。
子どもが病気なら急に休んだり早退して職場で肩身が狭い思いをすることもあるでしょう。

そういう意味でも、両親と同居していれば多少でも協力してもらえるので負担が少ないと思います。

子どもが病気のとき突然仕事を休んだり早退しなくても済む

子どもが病気で急に仕事を休まないといけなかったり、早退をしなければいけないことは、シングルマザーが仕事をするうえで必ず直面する問題ですよね。

そういった事情から正規雇用をあきらめて、パートや派遣社員などの非正規雇用を選ぶ人も多いくらいです。

しかし実家なら突然のお迎えに対応してもらえたり、どうしても休めないときも子どもの面倒をみてもらえるので勤務先で肩身の狭い思いをしなくても済みます。

シングルマザーの実家暮らしのデメリット

実家暮らしにはどんなに両親との関係が良好でも、多少のデメリットがあるのも事実です。

肩身が狭い

子どもを連れて離婚したとなると肩身の狭い思いをします。

近所の目が気になる人もいるでしょうし、多少不自由を感じることもあるかもしれません。
そのことでイヤミや文句を言われることもあるでしょうが、世話になっている立場上言い返したり不満に思っていることを口にすることもなかなかできません。

子育てや家事のやり方について口出しされる

子育ての方法や家事のやり方が違って、あれこれと口出しされて息苦しさを感じてる人も多いです。

実の親だからこそ口を出してするんでしょうが、あまりに口うるさいとこちらは参ってしまいます。
しかし肩身が狭くて言いたいことをガマンする人も多いでしょう。

私の両親も小さなことでいちいち口を出してきて(イヤミをいって)本当に疲れます。

子どもがお茶をこぼせば「入れすぎやからや」と言われ、洗い物をして食器を割ると「お前が洗うと食器なくなるわ」と言われ、野菜の切り方がおおざっぱになると「キャベツの芯が入ってるよね」と言われ・・・

些細なミスでいちいち口を出してきてイヤミを言うので本当に精神的に疲れます。
でも言い返すとケンカになるので、無反応を突き通します。

まさかモラハラ夫対策で培ったノウハウが、実家暮らしで役に立つとは思いもしませんでした。

仕事家事育児のすべてをひとりでこなさないといけない

先ほどのメリットの逆ですが、母親は家事育児に加えて子どもを養うために仕事もしなければいけません。
責任も大きいですし、誰かに手伝ってもらったり、仕事が休みだからってゆっくり過ごすこともできません。

体力的にも精神的にも厳しいですし、経済的にも苦しくて、ひとりで生活するのは本当に大変だと思います。

手当や給付金などが受け取れない

シングルマザーになれば、国や市町村などから手当や給付金がもらえますが、実家暮らしだとそれらの手当を受けられない可能性もあります。

実家暮らしの家事分担について

家事分担に関しては、家庭によってメリットになったりデメリットになることがあります。

人数が増える分家事負担は増えますが、うまく分担できていれば少し余裕ができます。
ただうまく分担ができていないと、お互いにストレスになったりもめごとの原因になることもあります。

わが家の場合は、どちらかというと家事分担はできている方だと思います。

父・・・お風呂掃除、洗濯(私も手伝う)
母・・・パート帰りに買い物
弟・・・洗濯物をたたむ
私・・・洗い物、昼晩の食事作り、掃除など、父がやらないときは洗濯、お風呂掃除も

ただ家事分担があれば、やり方に不満を感じてストレスになることもあるでしょう。

私の場合は、弟の洗濯物のたたみ方があまりにも汚くて(しかもときどき裏表が逆)、結局自分でたたみ直さないといけないことにストレスを感じています。
洗濯物からも弟のやる気のなさがにじみ出ています(笑)

家事分担に関して、最初の頃はお金も入れているのにひとりで育児に加えてほとんどの家事をすることに不満を感じていましたが、本来ひとりで生活するならもっとたくさんお金がかかりますし、育児も家事もすべてひとりでやらなければいけないので、まだマシだと心にきつく言い聞かせています。

小さな子どもを連れて買い物に行くのは大変ですし、上の子を幼稚園に送って帰ってきたら洗濯が終わっていたりすると、やっぱり実家はありがたいなと改めて感じます。

まとめ

シングルマザーが実家で暮らすメリットデメリットはその人や家庭によって多少差はあるかと思いますが、実家で親と同居の場合は経済的な面や家事育児に関しては大きなメリットがありますが、精神的にはかなりきついと思います。

自分で賃貸などを借りて暮らす場合は、家事育児に口を出されることもなく、親に気をつかわずに子どものことだけ考えて家事をすることができますが、ひとりで仕事をしながら家事育児をこなさないといけなくて精神的にも肉体的にもかなり負担で、経済的にも苦しくなります。

実家の近くにアパートを借りて子どもと暮らし、子どもや自分が病気のときなどにたまにサポートしてもらえる環境が一番いいのかなと個人的には思います。

私は実家暮らしが楽になるとつい甘えてズルズル実家に居ついてしまいそうなので、「自分で稼いで早く子ども達と一緒に家をでよう!」と思って、どんなに眠くても子どもを寝かしつけた後に仕事をすることができます。

今は在宅でひとりでやっているので、実家が居心地が悪いのはモチベーションを上げるのにちょうどいいです(笑)