モラハラ夫の恐ろしいところは、マインドコントロールによって妻を支配しているところではないでしょうか。

妻は夫がモラハラ行為をするのは自分のせいだと思い込み、さらにモラハラ夫自身も「マインドコントロールをして妻を支配している」という意識がないところです。

今回はモラハラ夫は妻だけじゃなく、自分自身にもマインドコントロール(自己暗示)を行うメカニズムについてご紹介します。

モラハラはマインドコントロールを伴うからむずかしい

モラハラ夫の怖いところは、妻に対して「悪いのは妻で正しいのは俺だ」とマインドコントロールしながら、虐待行為を行うことです。

「お前が全部悪い」「お前はひとりでは何もできない」「お前は酷い人間だ」と言い続け、妻の人格を否定したうえで妻に「私が悪いんだ」「私はひとりでは生きていけない」と思い込ませます。

妻自身、夫からひどいモラハラ行為を受けているのに、「夫のおかげで生きていける」「こんな私を妻としてくれている」とモラハラ夫に感謝すらしています。

モラハラ行為をくりかえしながら、モラハラ夫にとって非常に居心地のいい環境を作っているんです。

そのため多くの被害者は「自分の夫はモラハラじゃない」と信じ、モラハラ被害者である自覚がありません。

ただ暴言を吐く、無視するなどの精神的虐待だけではなく、虐待を行ったうえで妻自身に「私に原因がある」「私が悪い」と思わせ、妻に自分が被害者であることを認識させないところが、モラハラをより複雑にし、世間でもなかなか認知や理解されないところじゃないかと思います。

モラハラ夫のマインドコントロールのメカニズム

モラハラ夫は妻だけではなく、自分自身に対してもマインドコントロール(自己暗示)をかけています。

「自分は被害者である」「自分のやっていることは正しいこと」と瞬時に暗示にかけ、自分のモラハラを正当化します。

また自分の都合のいいように事実を捻じ曲げ、嘘をつくと同時に「自分の主張が正しい」と自己暗示にかけるので、モラハラ夫本人は嘘をついている自覚がないまま、間違った事実を真実だと主張します。

ですからまともに話し合おうにも事実を捻じ曲げて話すので、当然話に食い違いがでて、まともな話し合いになりません。

モラハラ夫が自己暗示をかけて事実を捻じ曲げるのは、モラハラ夫自身が「人を傷つけないといきていけない」にもかかわらず、それを認めることは「精神を脅かすほど恐ろしい事実」であり、それを絶対に認めたくないからなんです。

もしも自分が「妻に対して嫌がらせをしている」と自覚したうえで、モラハラ行為をしていたとします。 いや正確には自覚はしているんだと思います。 ただ無意識の中で認めていないだけ。

モラハラ夫が「妻に嫌がらせをしている」と無意識では自覚しているんですが、それを認めるのはモラハラ夫にとってとても都合が悪いのです。

そこで自分自身に「これは虐待ではない」「正当な行為だ」「悪いのは妻で自分は被害者だ」と自己暗示をかけて「嫌がらせをしている」事実を捻じ曲げます。

もしモラハラ行為が本当に正当だと思っているのなら、他人の前でも堂々とモラハラ行為ができるはずなんです。

しかしモラハラ夫は、決して人前ではモラハラ行為はやりません。 むしろ家族思いのいい夫を演じます。 近所の人には愛想よくあいさつし、休みの日には子どもを遊びに連れて行き、世間ではいい夫いい父親を演じ、家庭の中の誰もみていない閉ざされた空間でしかモラハラ行為は行われません。

これは、「モラハラ行為をしていることが世間にバレたら自分の都合が悪い」ことは自覚していいて、自分自身に対して「自分は悪くない」と嘘をついていることになるのですが、「自分が嘘をついている」と認めるとバレた時のことを考えると気が気ではないのです。(もちろんこれも無意識です)

もしも自分が嘘をついていると認めてしまえば、芋づる式に「自分は罪のない妻に対して嫌がらせをしている」ことを認めなければいけません。 それはとても都合が悪いです。

さらに「嘘がバレるかも」という恐怖心と、「嘘をついている」という罪悪感にとらわれてしまいます。 そこで「自分は虐待行為なんてしていない」と他人ではなく「自分自身」に嘘をつき、自己暗示でそれを「事実」とすることで、嘘がバレる恐怖心と嘘をついている罪悪感から逃れることができるのです。 モラハラ夫が「自分が被害者だ」と自己暗示をかけるのと同じで、モラハラ夫にとっての自己暗示は、自分自身の心を守るためともいえます。

★モラハラ夫の嘘に関するくわしい記事はコチラ★
モラハラ夫の嘘に注意!モラハラ夫の嘘に罪悪感はないからタチが悪い
★モラハラ夫が被害者面する理由のくわしい記事はコチラ★
加害者なのに常に被害者面するモラハラ夫!そのワケは?
★モラハラ夫は話し合いができないについてのくわしい記事はコチラ★
モラハラ夫と話し合いは不可能?対処法は?

自己暗示とは?

そもそも自己暗示というと、ちょっとあやしいように思われそうですが、実はどんな人でも日常生活の中で自然に使われているんです。

自己暗示とは無意識の中で「こうなりたい」「自分はこうだ」という思い込むことで、それが事実になることです。

昔から「言霊(ことだま)」という言葉があるように、人は「良い言葉を発すれば良いことが起こり、悪い言葉を発すれば悪いことが起こる」というのと同じことです。

例えばダイエットしたい人が意識して「やせたい」「私はやせる」と思っていても、無意識の中で「やせないかも」と思っていると、いくら努力してもなかなか実りません。

意識と無意識が同じ方向に向くことで、暗示の大きな力が発揮されるんです。 通常自己暗示は誰でもできますが、マスターするにはそれなりに時間がかかります。

しかしモラハラ夫は物心がつく頃から、自分に都合の良い選択をし、自分が楽できる方法を見つけ、厳しい現実から逃げ続けるために、自己暗示能力を発達させてきました。

そもそも自己暗示は無意識の中に働きかけることが効果的なので、モラハラ夫のように無意識に自己暗示をかけるのは効率がいいのかもしれませんね。

モラハラ夫は自分に都合の悪いことはすべて自己暗示で解決!

モラハラ夫は自分に都合の悪い事実は、すべて自己暗示によって事実を捻じ曲げて解決してきました。

以前このブログでもご紹介しましたが、モラハラ夫は嘘をつくとき、自己暗示によって「嘘」を「事実」に変換してモラハラ夫本人は「事実」と信じて話をするから非常にややこしく、話しがまったくかみ合いません。

★モラハラ夫の嘘についてのくわしい記事はコチラ★
モラハラ夫の嘘に注意!モラハラ夫の嘘に罪悪感はないからタチが悪い

例えばどういう状況かというと、モラハラ夫が妻に対してモラハラ行為を行ったとき、妻から「なぜこんなひどいことをするのか」と問われれば「自分がモラハラ行為をするための正当な理由」が必要になってきます。

「ただ単に虫の居所が悪かったから」とは絶対に認めません。

自分が被害者でなおかつ相手(妻)がモラハラをされるだけの事実が必要です。

そこでモラハラ夫が、妻のレベル10程度の小さなミスを見つけたとします。

しかし夫はレベル100くらいの怒りを、妻に対してぶつけたいと思っていたとします。

この場合、妻が何か言い返すなど反応があれば「その態度はなんだ!」「だいたいこの間もこんなことがあった」などと、妻の態度や言葉の揚げ足をとったり、過去の話をむしかえして、自然に怒りレベルを100まで持っていきます。

妻の10レベルの些細な失敗から、妻を加害者に仕立て上げて自分の怒りを100まで引き上げ、それを無意識のうちに行っているので自覚もありません。

自分が自身に自己暗示をかけて理不尽に正当性を主張している自覚もなければ、妻に対してマインドコントロールを行い妻自身に「自分が悪者だ」という罪悪感を植え付けさせているということも気づいていません。

モラハラ夫がそれに気づくことは、自分のモラハラの正当性が崩れ、自分が被害者であることが崩れ、自分が嘘をついていることを認めなければいけません。 モラハラ夫にとってとても不都合になります。 モラハラ夫にとってそれを認めることは、自分の精神を脅かすくらい恐ろしいことなのです。

妻は「自分は悪くない」と気づくことが重要

モラハラは暴力をふるったり、大きな声で威嚇したり怒鳴ったりするわけではありません。

ですからモラハラ被害に遭っている妻自身、自分がモラハラの被害すを受けていると認識できないことの方が多いのです。

夫の態度に悩んでいたとしても「こんな些細なことくらいどこの家庭でもある」と思ってしまうのです。

例えばよくあるのは無視、ため息、俺は怒っているアピールやほのめかし、見下したような言葉や視線。

これらに対してあなたが「辛いな」と感じているにも関わらず、「でも私が悪いから・・・」と思っている人はマインドコントロールに陥っている可能性が高いです。

おそらくこのブログを見ている人は、なにかしら違和感のようなものを感じて「もしかしたら夫はモラハラ・・・なのかも・・・?」と悩んでいるのかもしれませんね。

「夫は暴言もあまりないし、このくらいのことモラハラとは言わないよね」と思っている人もいるかもしれませんが、モラハラというのはただ暴言をはくだけではありません。

さまざまな嫌がらせはありますが、マインドコントロールによって妻を支配しているという点はモラハラ行為の最たる証拠ではないかと思います。

もし「だって私が悪いから」と思っているなら、すぐに「私は悪くない」「悪いのは夫の方だ」と気づくことが重要です。 それに気がつけばモラハラ夫に対して怒りがわきます。

モラハラ夫に対する怒りを自覚してはじめて、モラハラに対する対処法を見つけることができるのです。 まずは「自分は悪くない」と気づくことが重要です!