夫のモラハラ行為に苦しみつつも、なかなか離婚や別居ができない、別れられないなら、もしかしたらそれはあなたとモラハラ夫は「共依存」の関係なのかもしれません。

今回は「共依存」について、克服法をご紹介します。

共依存てなに?

共依存とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている状態のことをいいます。
簡単にいうと、お互いがお互いに依存しあっている関係です。

夫婦や恋人同士はもちろん、親子や上司部下、友達同士でも起こります。

共依存の人は相手から必要とされること、極端にいうと相手から依存されることに無意識で自分の存在価値を見出しています。
モラハラ被害者である妻は、自分の存在価値を認めてもらいたくて、献身的にモラハラ夫に尽くしているともいえます。

モラハラやDVの被害に遭いひどく傷つけられ悩みながらも、「この人は私がいないとだめなの」「彼は私を必要としている」といって相手との関係性を継続させてしまう人は、この「共依存」に陥っているのです。

相手がモラハラ夫の場合、依存しているのは妻だけでのように見えますが、モラハラ夫自身も妻に依存しています。

モラハラ夫はストレスがたまれば、妻にモラハラをして解消しますから、モラハラ夫にとって妻は自分がストレスを発散するために必要不可欠なんです。

モラハラ夫からしたら、妻はいくら殴ってもいいサンドバックのようなものですね。
いなくなると自分が快適に過ごせなくなるので非常に困ります。

ですからモラハラ夫はモラハラをするために結婚し、妻が自分から逃げられないように「私は夫がいないと生きていけない」と思わせます。

家族や友人関係を壊し仕事をさせず経済的自由を奪い、「お前は俺がいないとなにもできないダメ人間だ」」と人格を否定し続け思考力まで奪っていきます。

モラハラ夫は自分が妻に依存するために、妻に「自分に依存するように仕向けて行く」わけです。
そうして徐々に妻はモラハラ夫に依存していき、見事の共依存の関係性を築き上げます。

モラハラ男と共依存体質女性が引き合うのは必然

誰でもかれでもモラハラ被害者になるわけではありません。

モラハラ被害者になる人は、多かれ少なかれ共依存体質があるといえます。

逆にいうと、モラハラ男は共依存体質の女性を本能的に見抜き、ターゲットとして定め手に入れるためにモラハラの本性をひた隠し近づいてくるのです。

共依存体質の女性は、相手に尽くし人の役に立つこと、頼られることに自分の存在価値を見出します。
一方モラハラ男は、自分に尽くしてくれる人を求めますから、共依存体質の女性とモラハラ男が引き合うのは必然的であるといえます。

モラハラから抜け出すには共依存体質から抜け出すこと!

モラハラから抜け出すには、自分の共依存体質を克服することが重要です。

共依存を克服するのは時間もかかり、途中苦しくなる時期もありますが、人間関係に囚われている状態から「自分自身」を取り戻すことは自分の人生を取り戻すことにもなります。

共依存を克服するための3つのステップをご紹介します。

共依存だと自覚する

共依存の人は、自分が共依存だと自覚していない人がほとんどです。

夫との関係の中に自分の存在価値や生きがいを見出しているため、客観的に現状を見ることができないのです。
共依存に陥っている人ほど、「自分は共依存ではない」と否定します。

しかし「夫と一緒にいるのは辛いのに離れられない」「この人がひどいことをするのは私のためなんだ」と、夫のモラハラ行為が辛いと悩んでいても別れられない人は共依存に陥っているのです。

自分が目をそむけていた現状をしっかりと受け止め、自分が共依存だと自覚することが重要です。

自分の価値を自分の中から見出す練習をする

共依存の人は、自分の価値や喜び、幸福感などを自分の中ではなく他人から得ようとします。

他人に尽くし他人の役にたつことで、自分の価値や喜び幸せを感じるのです。

そのせいで、相手の感情や状況に振り回され、喜んでもらえなかったときにはストレスを感じることになります。

相手の言動に一喜一憂して振り回され、相手に「嫌われたくない」「失いたくない」という恐怖心から、自分の意見も言えず絶対服従してしまうことになります。

自分の価値や喜び、幸せを自分の中から見出すことができれば、徐々に精神的に自立して「彼がいないと生きていけない」という考えが少しずつなくなっていきます。

どんなに小さなことでも短い時間でも構わないので、「自分ひとりで楽しめることを見つける」「自分ひとりの時間を楽しむ」練習をすることです。

最初は手あたり次第やってみて、自分が楽しめそうなものに出会えれば目標をもって取り組むのもいいですね。

「誰かに必要とされるため」に一緒にいるのではなく、「ひとりでも楽しく生きていけるけど彼と一緒ならなお楽しいから一緒にいる」という風に思えるようになれば、相手との関係性も変わってくると思います。

自分ひとりでも楽しめるようになれば、ひとりになる恐怖心がなくなり、自信をもって自分を大切にすることができるはずです。

物理的に距離をおく

自分が共依存だと自覚できれば、モラハラ夫とはできるだけ長期間距離をとることが大事です。

最初は、後悔もするでしょうしひどく落ち込むこともあると思いますが、時間が経つうちにだんだんと客観的に自分たち夫婦の姿を見ることができるようになります。

そして徐々に、自分たちの「夫婦の形」がいかに異様で異常か、わかってきます。

モラハラ夫と離れることで、冷静になり客観的に自分たちのことを見つめなおすことでできるので、もう二度とあんな環境に戻りたくないとさえ思えるようになり、しっかりと目を覚ますことができるのです。

まとめ

モラハラから脱出するためには、自分が共依存であることを認め、克服することが重要です。

もし共依存であることを認められないまま離婚したとしても、結局また同じようなモラハラ男を選んでしまうのです。

自分が共依存であると自覚し、自分の価値や楽しみや幸せ・生きがいなど他人ではなく自分の中から見出すことが重要です。

今は「人の役に立たない自分には価値がない」と思っているなら、まずは自分自身を大事にして、自分が楽しめること自分の時間をひとりで楽しめることを見つけることが大事です。

モラハラ夫に苦しむ人がひとりでも多く、自分の人生を取り戻して自分らしい人生を楽しめますように!