はじめまして。

サイト運営者の夏本涼加と申します。

まず私のことを簡単にご紹介します。

28歳で1度目の離婚をしました。

今思うと彼もモラハラだったように思いますが、子どももいなかったので結構あっさり離婚成立。

そして34歳で今の夫と再婚。

再婚後も仕事は続けていましたが、夫の転勤がきっかけで仕事を辞めて転勤先へついていき、その後すぐに妊娠出産したため専業主婦に。

夫の転勤で地元から離れた土地で、頼れる人も友人もなく専業主婦をしながらひとりで育児に奮闘してきました。

夫は週2回は出張で週に1回は飲み会。

ほとんど家にいません。

それでも夫は普段は子どもの面倒もよく見てくれて、休日には子どもを連れて出かけたり、料理をしてくれたり、家事もいろいろやってくれて、本当に良い夫、良い父親でした。

しかしひとたびモラハラが発動すれば、マシンガンのように罵詈雑言を吐き散らしました。

「お前は人間のクズ」
「俺の稼ぎに寄生する寄生虫」
「お前みたいな母親で子どもがかわいそう」

などなど何かあれば毎回言われてきました。

自分が至らないせいだ、私がちゃんとすれば夫婦仲は改善するかもと、家事や育児を一生懸命がんばり、夫婦円満の秘訣や夫婦仲改善などの本を読んで実践してきました。

しかし夫のモラハラは改善されるどころか、どんどんエスカレートするように。

それでも家事をやってくれているのは助かるし、子ども達もお父さんが大好きなのでガマンしていましたが、些細なことがきっかけで2時間近く暴言を吐かれ続け、私が口を挟めば「お前にしゃべる権利はない!」「お前がいかにダメかを黙って聞いてろ!」と怒鳴られ、言い返すこともできないほどの暴言の嵐についに私のガマンも限界に!

まだ幼い子ども達の前で夫を責めることを抑えられなくなった私は、これ以上子ども達の前でケンカをすることは子ども達にとって良くないと、別居を決意しました。

私のことを感情のある人間扱いしない、思いやりのない人とこれ以上暮らすのはもう限界でした。

その後、はじめてモラハラという言葉と出会い、夫がモラハラかも?と気づき、モラハラについて調べると夫の不可解な行動の謎がすべて解かれたような感覚でした。

私はやり方が間違っていた!

モラハラは、一般的な人間関係スキルやコミュニケーションスキルは全く役に立たない!と知ったのです。

このブログは、私と同じようにモラハラ夫に傷つき悩んでいる人が、間違った対応をしているためにいつまでも改善されずに苦しんでいる人が、少しでも役に立ち、心が楽になれるような情報を発信していきたいという思いから立ち上げました。

またモラハラは受けたことがない人には、モラハラの異様で独特な雰囲気や恐怖はなかなか理解できません。

周囲の人に相談をしても、「夫婦ってそんなもの」「お互いが我慢しないと」などと一般的なアドバイスをされて、さらに深く傷つくこともあるのです。

モラハラの二次被害を減らすためにも、モラハラの被害を受けている人はもちろん、周りでモラハラ被害について相談を受けている人などにも、モラハラをきちんと理解してほしいと思います。

私自身は、4歳の息子と1歳の娘を連れて、モラハラ夫から距離をおくために別居し実家で1年お世話になりました。

在宅での仕事でそれなりに収入を得てきたので、今年6月に自立して子どもと3人で生活しています。

心理カウンセラーの資格を取得した経験を活かして、モラハラについてさらに深く勉強したことや、少しでも有利に離婚するために調べたり、弁護士など専門家に相談して得た知識や情報、今後の状況なども含めて、すこしでも役に立つ情報を発信していきます。

同じようにモラハラ夫に苦しんでいるけれど、子どもが小さかったり専業主婦で経済的に不安を持つ女性たちが、少しでも生活や離婚の参考になったり心が軽くなってくれたらと思います。