今回は、「モラハラ夫と離婚するぞ!」と決めたら、準備から離婚後の生活までやっておいたらいいよっていうことを、これまでの記事も交えてまとめてみました。

題して「モラハラ夫と離婚の手順完全版」をご紹介します!

離婚の流れにそって、くわしい記事があるものはリンクを貼っているので、そちらからご覧ください!

モラハラ夫と絶対に離婚する!と決めたら、この記事を参考にしてみてくださいね!

モラハラ夫と離婚すると決めたら!

モラハラ夫と離婚を決めたからといって、すぐにモラハラ夫に離婚すると伝えるのはダメです!

まずは覚悟が必要!

おそらくこれから長く苦しい戦いが始まります。普通の夫婦でも離婚は大変なのに、モラハラ夫となるとなおさらです。調停、裁判まで行くことも念頭に置いて、絶対に離婚するぞ!という強い覚悟が必要です。

その前に少し冷静になって、本当に離婚した方がいいのか、離婚したら生活はどうなるのか、離婚のメリットデメリットをしっかり確認したうえで決めましょう。

離婚したはいいけど想像以上に生活が苦しい、精神的にもツライ!こんなに辛いなら、夫のモラハラに耐えながら専業主婦してた方がよかった!なんてことになっては、それこそなんのために離婚したのかわかりません。

離婚はあなた自身と子どもが幸せになるためにするものです。

感情的になって別れると、後から「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないとも限らないので、今の生活と離婚後の生活をしっかり冷静に考えて決めてください。

証拠集め

離婚がよぎったらまずすることは証拠集めです。

できれば証拠集めは離婚を決意する前に準備していてもらいたいですが、今からでも遅くありません。

モラハラの証拠があれば、裁判になったとしても離婚が認められやすいですし、慰謝料を請求できるので、必ず同居中になるべく多くの証拠を集めるようにしましょう。

一番大事な収入源の確保

モラハラ夫と離婚するために欠かせないのは、収入源の確保です。

離婚したら、自分ひとりの収入で生活し、子どもを養っていかなくてはいけません。

離婚の覚悟が決まったら、すぐにでも収入源を確保するために、同居中からスキルアップしたり就職に有利な資格取得したり、パートからでも働きはじめて収入を得るようにしましょう。

また離婚にはお金がかかります。

例えば弁護士に依頼するなら弁護士料がかかってきますし、離婚後すぐに賃貸住宅に引っ越すなら引っ越し費用や賃貸の初期費用がかかります。

そのためにも、モラハラ夫に離婚を告げる前からある程度資金を貯めていきましょう!

離婚後の住居の確保

離婚後自分たちが出ていくのか、夫が出て行って妻と子どもがこれまで住んでいた家に残るのかで変わりますが、もし出て行くのなら離婚後の転居先はしっかり考えておくべきでしょう。

しばらく実家に戻れるならそれが一番だと思いますし、もし子どもを転校させたくないとお考えならこのまま今の住宅に残るか、近くで住居を確保するかを決めましょう。

今から転居先を決めて契約をするのではなく、自分が住みたい地域にどんな物件があるのか、家賃や環境など把握しておくといいですよ。

アパートを借りるのは、仕事も決まってある程度落ち着いてからがいいでしょう。(どちらにしても安定した収入がないと賃貸はなかなか借りれないのが実情です。)

実家もなくアパートも借りれるほどのお金もない・・・けど切羽詰まっているという人は、母子支援施設(母子寮)などの入所も検討してみてください。
入所に関しての相談は、福祉事務所や市町村役場に問いあわせしてみてくださいね!

離婚後の住まいに関する詳しい記事はこちらを参考にしてくださいね。

モラハラ夫に離婚を伝える

ある程度準備が整えば、いよいよモラハラ夫に離婚を伝えます。

この時気をつけたいのが、モラハラ夫が「もう離婚だ!」「出て行け!」とヒートアップしているときに「わかりました。離婚します」といって離婚の話しを進めるのはダメです。絶対に。戦闘態勢マックスの状態のモラハラ夫にケンカを売るようなものです。

離婚を伝えるときは、夫が冷静で機嫌がいいときを見計らって伝えましょう。

身の危険を感じたらすぐさま別居を!

離婚したいと告げたことで、夫のモラハラがヒートアップしたり激化することはよくあることです。

最初は「悪かった」「心を入れ替える」「反省してる」などといってきても、妻が本気だと分かった途端にモラハラが激化することもあります。

家に閉じ込められたり経済的な自由を奪われたり暴力を振るわれそうになったら、すぐに子どもを連れて家を出ましょう!(私も別居を伝えた後、夫からのモラハラが激化し、クレジットカードと通帳一式を取り上げられました)

実家に戻れるなら実家がいいですが、難しいならDVシェルターに入るなど一時的に避難するのもいいです。

もしお金に余裕があってすでに仕事もしているなら、この時点で家を借りてもいいかもしれません。

ただモラハラ夫が今後ストーカーになる恐れがあるなら、転居先は慎重に選ぶべきです。

必ず夫に住所が知られないように手続きをしましょう。

別居中でも夫から生活費をもらうことができます。

モラハラ夫は断固支払わないと言ってくると思いますが、調停を起こせば必ず支払い命令は出ます。

万が一調停に出てこなければ自動的に裁判になり、裁判所から支払い命令が出れば、どんなにモラハラ夫が嫌がったとしても強制執行することもできますので、必ず婚姻費用は請求しましょう。

離婚前に把握しておきたい!お金のこと

離婚の前に、離婚後生活費はどれくらいの費用がかかるのか、離婚でどれくらいのお金がもらえる可能性があるのか、どれくらいの収入が見込めるのかなど、お金のことはしっかりと把握しておく必要があります。

とくに家にあるお金に関しては、離婚をちらつかせた途端夫が財産を隠してしまうケースもありますので、離婚を伝える前にきちんと把握して証拠を残しておきましょう。

保険関係

生命保険や学資保険は財産分与になりますので、生命保険や学資保険についてのくわしい記事を参考に手続きをしてください。

離婚後にもらえる可能性のあるお金

財産分与・養育費・慰謝料・年金分割がもらえる可能性のあるお金になります。

財産分与・養育費・慰謝料に関してはくわしい記事を参考にして、どれくらいもらえるのか計算しておいてください。

年金分割については、もっと先にもらえる予定のお金ですが、離婚時に請求できます。

年金分割とは、夫婦それぞれ支払った厚生年金保険料をを分割する制度です。

専業主婦で夫が保険料を支払っていたとしても、妻が支払ったものとして保険料の一部(最大半分)が将来の年金額として計算されます。

モラハラ夫と早急に離婚するなら調停離婚

離婚には協議離婚、調停離婚、裁判離婚の3つの種類があります。

協議は夫婦間で話し合い、離婚条件に関して取り決めて合意して離婚届を出します。

しかしモラハラ夫のようにまともに話し合いにならない場合は、ただの罵り合いになるたけです。

早く離婚したいと思うなら、最初から離婚調停をした方がいいでしょう。

少しでも有利に確実に離婚するためには、弁護士に依頼することも考えた方がいいですよ。

もし裁判までいけば最初から弁護士がついてくれているほうが安心です。

少しでも弁護士費用を抑えたいなら、法テラスを利用すれば弁護士費用を各段に安く抑えられますよ!

弁護士に関する記事もいくつか参考にしてみてください。

弁護士選びは重要です。自分に合った弁護士・モラハラ離婚に強い弁護士を選ばなければ、離婚で損しかねません。

また法テラスと提携している弁護士を探したいけど1軒1軒問いあわせしたり調べるのは大変です。

自分の希望に合った弁護士を探すのは、時間もかかるしとても難しいですよね。

そこで無料で自分の希望に沿った弁護士を紹介してくれる日本法規情報という相談窓口があります。

私もこちらを利用して弁護士を紹介してもらいましたが、弁護士探しに時間を取られることなくめちゃめちゃ楽でしたよ!

私が日本法規情報を利用して弁護士を決めたくわしい記事はコチラを参考にしてくださいね!

また調停でも離婚の合意を得られなかった場合は、離婚裁判へ進みます。

モラハラ夫との離婚はもめる可能性大なので、裁判まで行く覚悟をしていた方がいいでしょう!

ついに離婚成立!これからやるべきことは?

ついにモラハラ夫との離婚が成立したら、子どものいる方はそのままだと子どもと苗字や戸籍が別々になってしまいます。きちんとした手続きが必要です。

離婚後の苗字を変更するか、そのまま夫の苗字を名乗るかは人によってさまざまですが、どちらにしても手続きは必要なので、下記の記事を参考にして手続きをしてくださいね!

また、離婚後母子家庭が受けられる支援や減免などがあります。

自治体に問いあわせて、きちんと手続きをしておきましょう!

まとめ

モラハラ夫との離婚は通常の離婚の何倍も大変です。

離婚するぞと決めたら、それなりに覚悟も必要です。

感情的になって家を飛び出してしまっては、後から後悔することも少なくありません。

少しでも有利に離婚できるように、きちんと準備をして、しかるべき対応をすれば必ず明るい道が開けます。

まずはモラハラを疑った頃から、モラハラの証拠集めをすることがおすすめですが、離婚を決めてからでも遅くはありません。モラハラ夫と同居中に少しでも多くの証拠を集めておきましょう。
慰謝料が発生すれば儲けもんです!

離婚前にできることはすべてやっておきましょう!

離婚後の生活に困らないように、スキルアップしたり仕事を探すこと。
有利に離婚するために、モラハラに強い自分にあった弁護士を探すこと。
今の状況でも無理しなくても依頼できる法テラスを利用すること。

できないかも・・・とあきらめる前に調べて相談することが大切です!

離婚後少しでも気持ちと生活が楽になれるように、覚悟とできるだけの準備をしっかりとしておきましょうね!