モラハラ夫は「冗談」を免罪符にして、妻を傷つける行為をたびたび繰り返します。

モラハラ初期には、あなたが何も悪いことや失敗をしていないとき、周りに人がいるときなどに、この「冗談」をつかって、あなたを傷つけます。

妻が「傷つくからやめて」というと「冗談で傷つくなんてつまんない女だ」と逆に責められて、妻自身「私が悪いのかしら・・・」と落ち込むことに・・・

モラハラ夫の「冗談」を装って「悪口」をはき、「傷つく妻が悪い」というのはれっきとしたモラハラ行為です。

妻がこのモラハラ行為をモラハラと認識せずに、「責める自分が間違っている」と我慢していることで、徐々にモラハラ夫に洗脳・支配されていくんです。

今回はモラハラ夫が初期のモラハラ行為に「冗談」というツールを使って、徐々に妻を洗脳・支配していくそのメカニズムをご紹介します。

初期のモラハラに多い!冗談を使って妻を傷つけるモラハラ夫

冗談とは・・・

1 遊びでいう言葉。ふざけた内容の話。「冗談を交わす」「冗談を真に受ける」
2 たわむれにすること。また、そのさま。いたずら。「冗談が過ぎる」

つまり冗談とは、「ふざけた言葉」や「ふざけた態度」で、言われた本人や聞いている周りの人間を和ませたり、楽しませるためのコミュニケーションの一種として使います。

しかしモラハラ夫は、まだ完全に妻を支配できていない初期段階で、この「冗談を使って妻を傷つける」行為を繰り返します。

時には人前で、他の人と一緒になって笑う場合もあるでしょう。

冗談を免罪符にしていれば、妻や周りから責められるリスクはかなり少ないため、まだ完全に支配できていない状態でもモラハラ行為がやりやすいのです。

妻が本気になって「なんでそんなこと言うの?」と怒ると「なんだよ。冗談の通じないヤツだな」「たかが冗談でムキになるなよ」と妻を悪者にもできます。

妻自身も「たかが冗談で怒る自分は大人げない」「冗談で怒る私って心が狭いの?」と自分を責めがちですし、周りの反応も「たかが冗談なんだからそんに気にすることないよ」「だんなさんも本気じゃないんだし」と軽く受け取ります。

しかしモラハラ夫は冗談にみせかけて「妻を傷つけてやろう」という悪意がしっかりと含まれていますから、当然妻は傷つきます。

モラハラ夫は妻が最もダメージのある言葉を選んでいるので、妻にとっては「冗談」ではなく「暴言」なのです。

モラハラ夫は、冗談で傷つくなんて大げさな、まるでユーモアをわかっていないつまらないヤツというレッテルを張ります。

そして自分のモラハラを隠し、妻からも周りからも責められない状況を作って、巧妙に妻を傷つけるのです。

冗談という小さなモラハラから徐々に妻を支配していくモラハラ夫

モラハラ夫のモラハラは最初から、マックスの状態で嫌がらせをしてくるわけではありません。

モラハラ夫は、妻が「自分が嫌がらせされてる」「傷つけられている」と、気がつかない程度の小さなモラハラを繰り返します。

この時に「冗談」というツールを使うと、スムーズに妻に気がつかれないでモラハラができます。

妻自身も「これくらいたいしたことない」「冗談で怒る私が小さいのね」とモラハラを見過ごし、容認し、我慢してしまいます。

しかも妻は「我慢している」という自分の気持ちをなかったことにしようとして自分の心にフタをしてしまいます。

何度か妻自身「それ言われるの気分悪いからやめて」と言ったこともあるかもしれません。

しかしそのたびに「冗談も通じないお前が悪い」と言われ「冗談に怒る私が悪いの・・・?」と、だんだん「私が悪い」という気持ちになっていきます。

これが実は、妻がモラハラ夫に洗脳され支配されていくメカニズムでもあります。

「冗談」というモラハラを妻が徐々に受け入れるようになってきたら、モラハラ夫はさらにモラハラ攻撃を強めます。

そして「○○されるお前が悪い!」「俺が正しいんだからお前が謝れ!」といって妻に謝らせます。
妻も謝っているうちにどんどん「自分が悪いから謝っている」という気持ちになります。

最初は妻も「イヤだ」と反抗をしてみたり、夫が不機嫌にならないように努力してみたり、試行錯誤する時期もあるのですが、ことごとく打ちのめされて、あきらめ身も心も疲労困憊してしまいます。

こうなればもう何をやってもやっていなくても「私が悪い」「私はダメな人間だから・・・」と思い込み、完全に洗脳支配されてしまいます。

冗談の中の悪意に気づくこと

モラハラ夫の冗談には悪意があります。

「冗談」のフリして「悪口」を言って、「冗談で傷つくお前が悪い」とモラハラをしているのです。

このときモラハラ夫の言葉を素直に受け取って「冗談で傷つく私が悪い」と、我慢してはいけません。

それはモラハラ夫の洗脳と支配が待つ、モラハラ街道まっしぐらです。

夫の冗談に悪意を感じ、あなた自身が不愉快に感じたり、傷ついたら、「これは悪口だ!」と怒りの感情を持ってください。

「こんなことで傷つく私が悪い」と、自分の感情にフタをしてしまうのが一番よくありません。

自分が悪いと思う必要もないし、小さい人間だなんて感じる必要もないんです。

冗談だろうとなんだろうと、相手を傷つけることをいう夫が悪いんですから。

「このくらいたいしたことない」と自分に言い聞かせ我慢していると、自分でも気がつかないうちにどんどんモラハラ夫に洗脳・支配されていくのです。

モラハラ夫の冗談~私の場合~

私も結婚してすぐの頃は、この冗談で本当にイヤな思いをしてきました。

夫は学生時代のサークル仲間である友人や後輩と付き合いがあり、年に数回飲み会をしたり祭りに行ったりバーベキューをしてよく集まっていました。

モラハラ夫は下の人間とつるみたがるので、当然ですが、同学年か年下の後輩ばかりでした。(たまにサークルの顧問の先生が入ったり入らなかったりしてましたが)

この日は、年末の飲み会ということもあり、10歳くらい下の後輩もいて人数も40人くらいいたと思います。

夫は私の3つ年下。

当然そこにいるメンバーは私よりも年下です。

飲み会の席で夫はわざとらしくニヤニヤしながら

「この中で最年長やで~」
「一番の先輩やん!敬わなかんな!」

と言われたことにカチンときてあからさまに不快感を態度に出しました。

すると

「ただの冗談でそんな怒るなよ~(笑)」
「ほんま短気やなぁ~」

確かにそんなに目くじらを立てて怒るようなことではないかもしれません。

しかし女性なんだから年齢のことを言われるのはあまりいい気分しませんし、そもそも言い方がバカにしてるんです。

普段から敬っているならまだしも、こんな大勢の前で「年上やから敬う」なんて、完全にバカにしてます。

周りから「いくつなんですか~?」と聞かれ、応えても良かったと思うんですが、なんとなくイヤで答えませんでした。

聞いてきた人も悪気もないでしょうし、どうして私がここまで頑なに年齢を言いたがらないのか不思議そうでした。

当時私自身

「たかが冗談でムキになって私って小さい女だ」と、罪悪感すら持ちました。

これこそがモラハラ夫の求めるものなんです。

周りの人間も言われた本人(私)も、モラハラ夫の悪意には誰も気が付かず、妻を傷つけることに成功しています。

暴言を吐かれたはずの私はそのことに傷ついているのに、罪悪感すら感じているんです。

これぞモラハラの構図ではないでしょうか。

ここで「いや!わざわざこんなところで年齢のこと出してどういうつもり?悪意があるとしか思えないわ!」と怒っていたどうでしょう。

おそらくこの私は夫のモラハラのターゲットからは外されていたでしょうね。

ここで罪悪感を感じ、夫の悪意のある冗談を受け入れたものがターゲットにされ、徐々にモラハラがエスカレートしていくんです。

おそらく夫は

「よしよし。俺の見込んだ通り、俺のモラハラを受け入れてくれたぞ!俺の嫁サイコー!」

という気分だったんでしょうね。

まとめ

モラハラ夫はまだ妻を支配しきれていない初期の段階では、たびたび「冗談」を免罪符にしてモラハラ行為を行います。
それで怒った妻に対してモラハラ夫は「冗談もわからないのか」「たかが冗談だろ」とバカにした態度をとってきます。

妻としても「たかが冗談でムキになって私ったら大人げない・・・」と自分を責めてしまします。

初期のモラハラとして、相手から責められにくく気がつきにくいため、非常にやりやすいモラハラの手法なんです。

モラハラが進んだ場合は、冗談なんて回りくどいことを使わなくても、どうどうと嫌がらせができるので、中期や後期には使われません。

最近なんだか夫の冗談がやけに気分悪い。悪意を感じる。傷つくことが増えたと感じているなら、その気持ちにフタをしないで、「私悪口言われてるやん!」と、今の現状を認め夫に対して怒りの感情を持つことが重要です。