「夫婦は話し合いが大事だよ」「ちゃんと話し合えば相手のこともわかるよ」と、アドバイスをもらうことよくありますよね。

そのたびに

モラハラ夫の言動には一貫性がなさすぎて話し合いにならないんだよ!!!

と大声で叫びたくなるのは、私だけではないはず。

前に言ってた話と180度違いますけどー?なんてことはザラです。

モラハラ夫と話し合いができないという記事は以前にも書いたことがありますが、今回はモラハラ夫と話し合いができないのは「モラハラ夫の言動に一貫性がないから」という点にしぼってみました。

合わせて読みたい

モラハラ夫の言動に一貫性がなさすぎてむしろ怖い

モラハラ夫と話していて、「今言ったことと全然違うんだけど・・・」と、本気で夫の頭の中を心配した人もきっと私だけじゃないですよね?

モラハラ夫の言動には一貫性はありません。

私の夫も、今さっき言ってたことと全然違うこと言ってる!ということもしょっちゅうです。

例えば夫婦ですから、何かを決めるときや買うときは、必ず夫に相談したり話し合って決めようと思いますよね。

実際によくあった私と夫の会話です。

妻笑顔

AとBどっちがいいかな?                              

夫

お前の好きな方にしたらいいよ

妻笑顔

私はAかな                                      

夫

Aはないんちゃう~?絶対にBやろ~!

妻笑顔

そう?Aだっていいと思うけど                             

夫

Aなんかありえへんやろ~B一択やで!A選ぶやつなんかいるんか(笑)

妻笑顔

だったらBにしよっ                                  

~数分後~

妻笑顔

じゃBでお願いしてくるね                               

夫

は?勝手に決めんなよ!なんでBやねん

妻?

え?だってさっきBって言ってたやん?                      

夫

そんなん一言もいってない!どう考えてもAやろ

妻?

え・・・Aでいいの?さっきB一択って言ってたやん?                

夫

いつそんなん言ったよ!勝手に話し作んなよ!こわっ

妻青ざめ

・・・・・・・・・
(怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い!!!!!お前が怖いわーーーーー!!!!)(心の叫び) 

我が家でも、こんなような会話が何度も繰り返されていました。

私の夫は必ず一度は「お前の好きな方にしたらいい」「お前が決めたらいいよ」という、優しくて寛大な夫のポーズをとってきますが、私が決めたことに必ず必ず絶対に!!いちゃもんをつけてきます。

「好きにしていいっていうなら文句言わないでよ」というと、「いやまさかそんなん選ぶと思わへんやん(笑)」と笑顔でバカにしてきます。

そして最終的にはさっき散々バカにしていたAを、自らの意思で選んでいるという矛盾に気づいていない・・・

普通に今さっき「○○がいい」と言ってたくせに、会話の流れが少し変わると「○○はあかんよな~」となるんです。

これは機嫌が良くても悪くても同じ。

本当に180度意見が変わるので、こっちはワケがわかりません。

今言ったことと180度真逆のことを平然と言ってくるので、私自身「この人頭おかしいの?」「なんかの記憶障害なの?」「夫の頭が悪すぎるのか、私の頭が破滅的に悪すぎて理解できないのか、誰か教えて!?」と本気で悩んだほどです。

普通は「Aがいい。Bはない」という自分の意思があるのなら、たとえ記憶がなくても自分の意思として「Aがいい。Bはない」という意見は変わらないはずですよね。

だけど気分や状況などでそこがブレまくるのは、モラハラ夫には自分の意思は一切ないということです。

モラハラ夫の気分だけで、その時その時の言動が変わります。

しかも本気で。

本気で「Aがいい」と言っていて、数分後には本気で「Bしかない」と思っているんです。

最初は私が「Aがいい」というので「(お前の思い通りにさせたくない!)Aなんかありえんやろ!絶対にB!!」と、まるでAを選んだ私がバカだといわんばかりの態度でした。

しかしその後舌の根も乾かぬうちに、「それじゃBにするね」と最終確認をおこなったところ、「(なんでお前が決めてんねん!お前のいうやつなんか絶対に認めん!)なにがなんでもA!!」となるんです。

そのくせ「お前の好きな方にしたらいいよ」と寛大な夫のフリ。

モラハラ夫自身は結局AだろうとBだろうと、どっちでもいいんです。

だって意思がないから。

子どもでも、もうちょっと自分の意思あるよね。

結局モラハラ夫は、妻の思い通りになんて動くのがイヤなだけなんですよね~

そこんところの一貫性はものすごくありますよね!

「妻の思い通りにはさせないぜ!」という部分だけは一切ブレません。

結論。

モラハラ夫に相談や話し合いは無意味。
結果報告だけで良し!!

ということです。

合わせて読みたい

モラハラ夫との話し合いは無意味

家族になったんだから、何か決めるときも買うときも始めるときも、夫婦で話し合い相談し合って物事を進めていくのがもはや常識な世の中では

「ケンカしたら話し合え」
「他人同士が意見や考え方が合わなくて当然なんだ!解決するには話し合いしかない」
「それがまっとうな夫婦だ。」

そう周りからアドバイスを受けて、あなた自身一生懸命モラハラ夫に相談や話し合いを持ち掛けてきたと思いますが、これらのアドバイスは一般的な夫婦の場合に限りで、モラハラ夫には当てはまりません。

こんなアドバイスをくれる人は、モラハラ夫がどんな生き物なのか、モラハラ夫の意味不明な言動とその不気味さをわかってないんですね。

話し合いを持ち掛けた結果、多くのモラハラ被害者は鼻で笑われ、バカにされ、「頭がおかしいのか」と暴言を吐かれ、最終的に自分のやりたいことを妨害されて終わったのではないでしょうか。

そもそも話し合いとは、お互いが自分の想いや希望を話し、意見が合わなければお互いの話しをすり合わせ、落としどころを見つけて、お互いが納得できる解決策を模索することです。

しかしモラハラ夫は、あなたの想いや希望を全力でつぶしてきます。

モラハラ夫にとっての話し合いとは、「妻の想いや希望をつぶして自分の意見を押し通すこと」なのです。

  • 妻が黙るまで暴言をはきたおす
  • 妻が自分の思い通りに動くまで断固無視する
  • 妻が自分の意見に賛同するまで物に当たったり大声を出して威嚇する

話の筋や中身なんて考えていません。

なんでもいいから妻の言い分を否定して、自分の思い通りに動かしたいんです。

だからモラハラ夫の話しに一貫性はないんです。

妻がAと言えばモラハラ夫はB、妻がBと言えば即座に夫はAと意見を変えるんです。

自分の意見を真っ向から否定するだけの人に相談したり、想いや希望を聞く必要はありません。

合わせて読みたい

モラハラ夫の許可を取らなくていいことはたくさんある

何かを決めるときは、「必ず話し合いが必要だ。」「夫婦円満の秘訣はいかによく話し合っているかで決まる!」などという風潮がありますから、何かあれば「すぐに夫と話し合いをしなくては!」と考える人が多いのは仕方ありません。

むしろ被害者の中には「話し合いをしたい!」と考えている人も多いのでは?

私もそうでした。

「話し合いをしなければ!」「話し合いがしたい!」とすら思っていたので、一時はあれやこれやとうまく話し合える方法はないものかと模索したものです。

すべて完敗でしたが。

そうなんです。

結局モラハラ夫に関していえば、話し合いは全く無意味です。

もちろんどうしてもモラハラ夫には話さなくてはいけないこともあるかと思いますが、あくまで事後報告でOK!

「Aに決まったから」

とだけ言っておきましょう。

文句は言われますが、相談したところで文句を言われバカにされ、自分の意見を一切無視して「妻の思い通りにしたくない」という想いだけで、あなたのやりたくない方にしろと強制されるんです。

だったら自分の好きな方を選んでから、文句を言われた方がまだマシではないですか?

モラハラ夫にバレないようなことなら、報告すらしなくていいです。

そうすると思ったよりもたくさんのことが自由にできると驚くはず!

「自分の希望を叶えるには話し合わない方法が最も効率がいい」ということです。

合わせて読みたい

まとめ

モラハラ夫とは話し合いにならず、ただただ自分を否定されるだけ。

そんな相手と話し合いをするのは時間の無駄です。

話し合いで自分の気持ちをわかってほしい!話し合って解決させたい!と思っているとあなたが無駄に傷つくだけ!

話し合いや相談はせずに事後報告のみにすることで、思っていたよりも楽に自分の希望が叶うことがわかると思います。

そうすれば無理に話し合って相談しようなんて悩まなくなると思いますよ!

お知らせ

もしあなたが夫のモラハラから解放されたいけど、
何から始め、どんなものを準備したらいいのかわからないなら・・・

その悩みは無料で、たった7日間で解決できます・・・

過去と他人は変えられない・・・
変えられるのは未来とあなた自身だけ!

モラハラ夫からの自立を目標に
あなたの自信を取り戻し、モラハラ夫との別居・離婚の手順、モラハラ夫との離婚後のお金の不安解消など、より具体的な方法を定期的にメルマガにて公開しています。

夫のモラハラに悩んでいる妻がやるべき、離婚や別居にむけた非公開な方法を無料で受け取るならコチラから↓



よく読まれている記事





合わせて読みたい記事