モラハラ夫と離婚した後も、「なんであんな男と結婚したのか」という後悔に苦しみ、モラハラ夫を憎み、そんな男を選んだ自分を嘆き、いつまでもモラハラ夫から解放されず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

せっかく体は解放されたのに、心だけがいつまでもとらわれたままなんて、辛すぎますよね。

そこで今回は、モラハラ夫から本当の意味で解放される方法をご紹介します。
少しでも早くモラハラ夫との辛い生活を忘れられるヒントになってくれればと思います。

あなたが本当の意味でモラハラ夫から解放されるために

モラハラ夫の被害者が「あの男が幸せになるなんてそんなの許せない!」「私を苦しめた分不幸になればいい!」と思う気持ちはよくわかります。そう思うのは仕方のないことです。

前回「モラハラ夫の末路」についてご紹介しましたが、あなたがモラハラ夫の末路が気になっている間は、本当の意味では幸せになれないとご紹介しました。

何年も何年もモラハラ夫に傷つけられ苦しめられてきたんですから、簡単に忘れられないのは当然です。

しかしそう思っている間はあなた自身も辛く苦しいはず。
せっかくモラハラ夫と離婚できたのに、いつまでもたってもモラハラ夫から解放されなければ本当の意味で幸せとはいえませんよね。

モラハラ夫のことは早く忘れて、あなたが幸せにならなければ、モラハラ夫から解放されません。

実際に離婚した後も、モラハラ夫に復讐をしてやりたいと思っている被害者も多いようです。

しかしモラハラ夫なんかのために、あなたがそんな負の感情をいつまでも引きずる必要はありません。

負の感情を持っているかぎり、あなたはいつまでも幸福感を得られません。そんなのもったいないじゃないですか!

モラハラ夫は別れた時点で、もうあなたとは無関係な男です。

モラハラ夫がどんな末路をたどろうと、あなたはあなたで自分の人生を楽しんで生きていけばいいんです。

あなたが幸せに楽しく過ごすことで、自然と心が解放されていくはずです。

モラハラ夫との辛い結婚生活もポジティブに考えてみる

とはいえ、モラハラ夫との結婚生活は苦痛しかなかったという人なら、そんな簡単に忘れることなんてできないですよね。

しかし考え方をちょっと変えて、辛かったモラハラ夫との生活をポジティブに考えてみてください。

全部をポジティブに考えるのは無理でしょうが、ほんの一部でかまいません。

たとえば、夫の暴言や無視に長年耐え続けたおかげで、強い精神力と忍耐力が養われたのでは?

ほとんどの妻はモラハラ夫との生活の中で、夫が今何を考えているのか(感じているのか)、機嫌がいいのか悪いのか、次にどんな行動を起こすのかを観察し、「どうすればモラハラを発動させないで過ごせるか」「どうすれば最短でモラハラ攻撃を終わらせられるか」「どうすれば被害を最小限に抑えられるか」とモラハラ夫に全神経を費やしてきたと思います。

そのせいで第六感は鋭く研ぎ澄まされ、敏感に人の気持ちに寄り添えるスキルを身につけたのではないでしょうか。

夫の突然のモラハラ攻撃も、柳のようにさらりとうまくかわす術を習得した人なら、さらに人間関係スキルも格段に上がっているでしょう。

職場にいじわるな上司がいても、「モラハラ夫に比べたら大したことない」とどーんと構えられるかもしれませんし、モラハラ夫に対応していたように、さらっとかわせるかもしれません。

経済的DVを受けていた人なら、わずかなお金しかもらえず家計をやりくりしていたため、家計管理がうまく節約スキルは相当なレベルかもしれません。

自分の好きなときに自由に買い物をして、言い訳を考えずにお金を使えること。
好きなときに美容院に行ったり、友人と会えること。
自分の好きな服を着て、なりたい髪型にして、自分の食べたいタイミングで食事をして、行きたい場所に行く。

普通の人から見たら当たり前のことですが、モラハラ夫に苦しめられ続けてきた妻は、そんなささいなことにも幸福感や喜びを感じられるのではないでしょうか。

そして小さな出来事に幸福感や感謝の気持ちを持てることも、すばらしいスキルです。

モラハラ夫との結婚生活で身につけたスキルで、新しいパートナーや職場での人間関係で活かせるかもしれません。

同じようにモラハラの被害で悩んでいる人に、アドバイスしてあげることもできるかもしれません。

今まで苦しんできた過去があるからこそ、あなたにしかできないことがあるはずです。

そのポジティブの積み重ねが、きっとあなたの幸福感を満たしていき自信となり、自然とモラハラ夫から解放されるでしょう。

まとめ

モラハラ夫との辛い結婚生活で養われたスキルは、今後のあなたの人生やこれから出会う人間関係においてきっと役にたつはずです。

「モラハラ夫との結婚自体が失敗だった」「私はなんてバカなんだ」と自分を責めず、「ここまでがんばった私ってエライ!」「今までわずかなお金でよくやりくりしてたよー!頑張ったな!私!」とこれまで耐えてきた自分をほめてあげてください。

不の感情は決して人を幸せにしません。

なかなかむずかしいことかもしれませんが、辛い経験をプラスの感情に変え、プラスの感情の積み重ねが幸福感を満たしていきます。

そうすればおのずと心からモラハラ夫から解放されるはずです。

常識の通じないまともな話し合いもできないようなモラハラモンスターと、何年ももしくは何十年も暮らしてきた自分を褒めてあげてくださいね!