このブログでも何度も「モラハラ夫は話し合いができない」とご紹介してきましたが、実は妻にとってもモラハラ夫との話し合いはしない方がいいんです!

今回はモラハラ夫と話し合うと、妻はエライ目に遭うから絶対に話し合わない方がいいという話しをご紹介します。

どうしてモラハラ夫とは話し合いができないの?

通常夫婦がケンカになったとき、解決法として真っ先に思うのが「話し合い」ですよね。

夫婦で問題が起きた時の解決法として、お互いが考えていること思っていることを相手に伝え、お互いの気持ちを理解したうえでどうするのがお互いにとっていいのかをすり合わせることが「話し合い」です。

以前ブログで「モラハラ夫は話しに一貫性がないから、話し合いにならない」とご紹介しました。

そもそもどうしてモラハラ夫の話しに一貫性がないかというと、自分の意思がないからなんです。

モラハラ夫には自分の意思や自分の考えがありません。
だから、自分の都合が最もいい答えを選ぶのです。

基本的にモラハラ夫は妻の言い分を決して認めませんので、妻が「Aがいい」といえば「Bに決まってるだろ!」というし、妻が「Bがいい」と言えば「Bなんか選ぶヤツはバカだ」となります。

自分の意思がないので、その場その場の感情のまま答えるから一貫性がないから、話し合いにならないんです。

モラハラ夫は解決を望んでいない

モラハラ夫と話し合いができない理由のひとつとして、「モラハラ夫は問題を解決するつもりがない」という点も見逃せません。

通常、人はなにか問題が起きたら話し合いで解決しようとしますよね。しかし相手に解決しようという気持ちがなければ、解決に向けた話し合いは成立しません。

同じことで話し合っているつもりで、話し合いのベクトルが全くちがうんです。

例えばモラハラ夫が「お前は家事をやっていない」と妻に言ったとします。しかし妻は毎日一生懸命家事をしています。手抜きだってしてるつもりはありません。

食事の品数も最低限出しているし、お惣菜などを出したこともありません。洗濯も掃除も毎日しているし洗い物を溜めていたこともないはずです。

当然です。
モラハラ夫からの嫌がらせや暴言を最小限にするために、妻は毎日身を粉にして家事に育児に奮闘しているのです。

そこで妻は「夫はなにか勘違いをしているのかも」と思い、夫のためにいかに自分が毎日家事育児を頑張っているのかをわかってほしくて、話し合いをしようとします。

私が毎日頑張っていることをわかってほしい、私の努力を認めてほしい!

「私のがんばりを認めてくれたら、きっとこんなひどいことは言わないはずだ。」つまり妻にとっての問題解決です。そう信じて一生懸命話します。

しかしモラハラ夫は、妻が実際に家事に手を抜いているのか頑張っているのか、そんなことはどちらでもいいのです。

要はモラハラ夫は妻を攻撃するための材料が欲しいだけ。「妻が家事の手を抜いている」という事実が欲しいんです。そして「妻が家事に手を抜いている」という事実をつくるために話しあいに参加します。

「家事を頑張っている」という事実を伝えたい妻と「家事に手を抜いている」という事実がほしいモラハラ夫がいくら話し合っても交わることはありません。

平行線で当然なんです。

モラハラ夫といくら話し合ってもいつまでも平行線で解決しないのは、モラハラ夫が問題を解決する気がないのです。

モラハラ夫の話しは妻を傷つけることが目的

モラハラ夫は問題を解決する意思がないなら、妻との話し合いになんの意味があるの?と疑問ですよね。

普通の感覚では信じられませんが、ズバリモラハラ夫は「妻を傷つける」ことが
目的
で話をします。「話し合い」ではありませんね。一方的に自分の考えをぶつけるだけ、自分の思い通りに動かすだけ、そして暴言をはくことが目的です。

もちろん表面上では「俺はお互いのために話してるんだぞ」というポーズで話します。

モラハラ夫自信は「お互いの問題解決」のための話し合いなんてするつもりはさらさらありません。モラハラ夫は「妻を傷つけるため」「妻の人格を否定するため」「自分の考えを押し通すため」にしか話しません。

モラハラ夫の本音は「なんで俺がお前みたいな下等なヤツと対等に話さないといけないんだ!」です。

しかしモラハラ夫は自分のことを「素晴らしい人格者」だと思っているわけですから、そんな態度はおくびにも出しません。「お互いの解決のために話し合っている」というポーズは崩しません。

妻は納得できません。

「あなたは私のことを全然認めてくれていない」「私のことを見下してる」と反論したとします。するとモラハラ夫は「俺は前のために話しているのに、俺が悪いというのか!」「お前はどうしても俺ひとりを悪者にしたいんだな」と被害者面して反撃します。

どんなに妻が「夫はいかに自分を大事にしてくれない」と訴えたところで、モラハラ夫は「お前は何がなんでも俺を悪者にしたいんだな」「おそろしい女だ」と被害者面して妻をますます悪者に仕立て上げます。

こうなると、どんどんモラハラのドツボにはまります。
モラハラ夫の思うツボです。

モラハラ夫と話し合わない方がいい理由

モラハラ夫とは話し合いはできませんが、被害者にとってもモラハラ夫と話し合わない方がいい理由があります。

被害者が傷つけられる

モラハラ夫は妻を傷つけることが目的で話しをしますから、話し合いをしようとすることで無駄に傷つけられます。

問題を解決させたくて話しをしているのに、問題が解決しないばかりか無駄に責められて傷つけられるだけ。さらに妻がそれに乗っかって反論すれば、モラハラ夫はエサを与えられたことで尻尾を振ってさらに妻を傷つけようと攻撃してきます。

あなたが傷つくだけなので、モラハラ夫とは話し合わない方が身のためです。

モラハラがエスカレートする

話し合いをすることで、モラハラがエスカレートする可能性もあります。

モラハラ夫のいうことに妻が反論すると、それに対してさらにモラハラ攻撃してくるといいましたが、まさにエサを与えられたモラハラ夫のモラハラは先ほどよりも強い攻撃をしかけてきます。

エサが増えれば増えるだけ、戦闘力は増していき、妻はこてんぱんにやられてしまいます。

モラハラ夫には事後報告で

モラハラ夫とは話し合うだけ無意味なだけではなく、無駄に傷つけられモラハラがエスカレートする危険すらあります。

前回のブログでも書きましたが、モラハラ夫に相談しなくても解決できることはたくさんあります。むしろ相談しない方があなた自身自由に動けるようになります。

モラハラ夫には「○○に決まったから」と報告するだけでいいでしょう。

もしモラハラ夫があなたの報告を聞き入れてくれなければ、モラハラ夫よりも上の立場の人間や信頼している友人や先輩、世間一般の大多数の意見だという風に伝えると、聞き入れてくれやすいです。

例えば「保育士さんが言ってたのよ」「ニュースでやってたけど、最近の〇〇はこんな風にしてるんだって」「あなたの友達の奥さんにお勧めされたの」のように、あなたの意見ではないと伝えると効果的です。

まとめ

モラハラ夫にあなたの気持ちをわかってもらおうと思ってはダメです。

あなたの気持ちを分かったうえで嫌がらせをしているんですから、話しをしたところでこてんぱんにやられるだけです。

モラハラ夫とは極力会話をしない、発言を減らすのが一番です。

そんなの家族じゃない!夫婦じゃないじゃない!と思うかもしれませんが、夫が妻にモラハラをしている時点で、もはやまともな夫婦関係ではないのです。