長年夫からモラハラを受けている女性は、気が付かないうちに心は深く傷つき、どんどん心を蝕まれてしまいます。

それはモラハラが、相手の尊厳や人格を否定して支配を伴う虐待行為だからです。

しかもそれが、好きで結婚したはずの夫から受けているのです。

モラハラ被害者は、自分がモラハラの被害者だと気がつくことはもちろん大事ですが、傷ついた心の傷を癒すことも大切です。

今回はモラハラで受けた心の傷の癒し方をご紹介します。

モラハラは被害者の心もむしばむ

モラハラ夫は、日常生活の中で突然キレたり、人格を否定してきたり尊厳を踏みにじり、妻である被害者は自尊心を傷つけられます。

妻を一人の人間として認めず、見下しバカにし、存在を否定することもあります。

しかもそれは1回2回の話しではありません。

モラハラ夫と一緒にいる限り、何年も何十年も続くのです。

被害者は心の防御本能から、心の傷にフタをして見ないようにして早く忘れようとします。

自分でも気がつかないうちにどんどんストレスはたまっていき、徐々に心を蝕まれて心身に影響がでてくることもあるんです。

★被害者の心をむしばむモラハラのくわしい記事はコチラ!
モラハラ被害は心をむしばむ!モラハラ夫のせいで心身に影響がでる妻も

心の傷は時間が解決するって本当?

落ち込んだ時や傷ついたとき、「心の傷は時間が解決してくれる」なんて慰められた人も多いのではないでしょうか?

時間薬なんてよくいいましたよね。

しかしアリゾナ州大学の心理学研究チームの最新の研究では、「時間では心の傷は癒せない」ことが確認されたそうです。

体に傷ができたら、傷の深さや長さが何ミリあるとか、骨にヒビが入ってるとか、出血してるとか目に見えてわかりますよね。

でも心の傷は目に見えないから、他人はもちろん自分でも傷ついていると気がつきにくいんです。

そのため思い切って誰かに相談しても、理解されずにかえって傷つけられるケースもあります。

理解してもらえないから人には話したくない、もう思い出したくないからといって、心の傷に触れないようにフタをして、奥深くに閉じ込めてしまいます。

★モラハラ二次被害についての記事はコチラ!
モラハラ二次被害に注意!モラハラと夫婦ゲンカはまったく違う!

体が傷ついたときも、無意識で傷をかばって生活しますよね。

それと同じで心の傷をかばってフタをするのですが、この「心にフタをして問題を奥底に沈める」行為は、想像以上にエネルギーを使うため、「少し動いただけでも疲れた」「寝ても全然疲れが取れない」というように、体にも影響がでてきてしまうんです。

頑張って「ポジティブに考えよう」と思っても、問題を解決するためのエネルギーが残らず、目の前の現実とうまく向き合えなくなってしまいます。

体の傷だって処置が遅れると、治療に時間がかかり、ときには後遺症が残るケースがあるように、心の傷をいやすのにも時間がかかり、後遺症が残る場合もあるんです。

心の傷が癒えていなくても生きてはいけます。

でもとっても辛くてしんどいですよね。

楽しく明るく幸せに生きるために、小さな傷だと放っておかずに、傷が浅いうちに癒していくことが大切です。

モラハラ夫は謝罪も反省もしないので心の傷は癒えにくい

モラハラ被害者に心の傷が癒えにくい理由のひとつに、「モラハラ夫が反省しない」「謝罪しない」「そもそも虐待行為を認めない(自覚がない)」という点は大きいと思います。

それどころか被害者である妻がまるで加害者のように扱われることで、より深く傷つけられることも・・・

反省するどころか妻を傷つけた自覚すらなく、さらに妻を攻め立て「全部お前が悪いんだろ!」で話を強制的に終了されてしまう。

★被害者面するモラハラ夫についての詳しい記事はコチラ!
加害者なのに常に被害者面するモラハラ夫!そのワケは?

そんな夫の態度に妻は「私という人間をどう思っているんだろう」「私ってそんなに価値のない人間なんだろうか・・・」「やっぱり私が悪いのかしら・・・」と、夫の暴言によって傷ついた心はますますえぐれていきます。

健全な夫婦間でも、ケンカがヒートアップして傷つける言葉をぶつけることはあると思います。

だけどそのあと「あれは俺が言い過ぎたごめんな」と一言謝って反省し、妻の心に向き合い寄り添ってくれただけで、傷ついた心が浄化されるように癒されることもあると思うんです。

だけどモラハラ夫にはそういった期待は一切できません。

むしろ「お前が悪い」「自業自得のくせに何被害者面してんねん」などと言われ、「そうか私が悪かったのか」「私が悪いのに傷ついたとか思って恥ずかしい」と、罪悪感すら抱きます。

心に傷を受けたことすら気が付かず、自分で意識しないところで、そっと心の傷にフタをしてしまい、それはどんどん積もっていき、徐々に心をむしばんで精神的な病を引き起こすこともあるんです。

心の傷の癒し方

体にできた小さな傷は絆創膏を張る、シップを張るなど自分で処置ができるように、心の傷も浅いうちなら自分で手当てすることができます。

自分でできる心の傷の癒し方をご紹介します。

心の傷に寄り添う

まずは自分の心の傷に寄り添うことです。

「私の心は傷ついている」をいうことを認めることです。

私傷ついてたんだ
あの時は辛かったね
あの人が怖かったんだね
不安だったんだな

というように、まずは自分の傷ついた心に焦点を当てて、傷に寄り添うことで癒す方法です。

心に傷を受けた後忘れたころに、傷ついたときと同じような状況になると、フラッシュバックになって急に思い出したり、動悸がしたり、心がぎゅーっと痛くなったり、なにか症状が出てきますよね。

それは心が「あの時の傷を治してほしい」「癒してほしい」と、あなたに気が付いてもらいたくて訴えているんです。

まずは自分は傷ついているんだということを早く気がつき、認めることは非常に大切です。

ありのままの感情と向き合う

昔の辛い傷を思い出すと、不安、憎しみ、悲しみ、苦しみなど・・・そのとき感じた感情やそのあとの複雑な感情など、様々な感情が心の内側から湧き出てきます。

ここで出てきた感情を抑えたり我慢しないで、ありのままの感情を受け止めます。

泣きたくなったら泣きたいだけ泣けばいいんです。
怒りがわいたら、怒っていいんです。

モラハラ夫にやられたこと、言われたことを思い出すと怒りがわくのは当然です。

夫に対しての怒りをそのまま口にするのもいいですし、紙やノートに書きなぐるのも効果的です。

どんなに汚い言葉が出ても、だれに見せるわけでも聞かせるわけでもないので、気にしないで吐き出していきましょう。

このとき「こんな汚い言葉で人を罵るなんて・・・」など、余計なことは考えないようにします。

頭で考えるのではなく、心が感じるままとことん向き合い感じます。

どんなネガティブな感情でも、認めて受け入れます。

ただこのとき出てくる感情があまりにも大きすぎてしんどくなってくるなら、何回かにわけて感情を解放してあげてくださいね!

心の傷と共に生きる

モラハラ夫とたとえ離婚したとしても、なかなか傷が癒えないこともあります。

それにモラハラ夫と別れた後でも、また別のことで心が傷つくこともありますよね。

心の傷も自分の一部なんだ。
と思い、心の傷と一緒に生きていくことができたら・・・

心はもっと楽に穏やかになると思いませんか?

あの時のことを思い出すと心が痛む・・・

とっても傷ついたんだね。
あの時の私がんばったね。

と心の中で自分自身をいたわりねぎらい、そして「この傷ついた自分も私なんだ」と認め、心の傷と共に生きていくことも大事です。

自分の傷を見ないフリしてフタをしないで、しっかりと向き合うことで時間はかかっても少しずつ癒されていきます。

受け取り方を変える

私の結婚生活一体なんだったんだろう・・・

モラハラ夫と結婚した女性は多かれ少なかれ、こう感じる瞬間があるのではないでしょうか。

私は前の結婚相手も当時は気が付きませんでしたが、モラハラ夫でした。

その後お付き合いした男性もモラハラで、次再婚した今の夫もモラハラです・・・

もうほんとイヤ!!
いい年して全然成長してない!!

とひどく落ち込み、自分自身がイヤになった時期もありました。

このように「見る目がなかった私が悪い」と自分を責める女性も多いです。

しかし今、私はモラハラ夫をテーマにブログを書いていて、多くの方から励ましや共感の声をいただき、とても救われています。

夫が散々モラハラしてくれたおかげで、今ネットビジネスで在宅で仕事をし、夫がいなくても自立して、子どもたちと3人でなんとか生活することができています。

おそらくネットビジネスに出会えなければ、夫と別居すらできずに今でも夫のモラハラに支配されていたでしょう。

在宅で仕事しているおかげで、子どもの急な熱で呼び出されても、欠席や早退でだれに迷惑をかけることも気兼ねすることもありません。

自由に時間の調整ができるので、幼稚園の行事も参加することもできます。

お昼にできなかった分、夜遅くまで頑張ればなんとか仕事の遅れを取り戻すこともできます。(全然更新できてませんでしたが・・・(汗))

夫のモラハラなくしては今の私はありません。

「私の人生のレッスンとして、このモラハラ夫との結婚生活はどういう意味があるんだろう?」と、考えてみてはどうでしょうか。

「夫のモラハラに苦しめられているひとりの被害者」という枠から出て、「モラハラ夫との辛い結婚生活の中から私が学べるものはなんだろう」「この経験をなにか人の役に立つことにできないか」「この経験で金儲けはできないか」なんでもかまいませんが、少しだけ受け取り方を変えてモラハラ夫との結婚生活を振り返ると、また違った景色が見えてくるかもしれませんよ!

離婚がきっかけで、生活のために起業して成功している女性はたくさんいます。

ただただ夫の暴言が悔しくて、なんとか夫を見返したくて、でも子どもが小さくて外で働けない私は、苦渋の選択で始めたこの仕事が、こんなふうに誰かの役に立ったり、多くの人から共感を得られるなんて、夢にも思いませんでした。

今の辛い生活が、あなたが思い描いたこともないような素晴らしい世界につながる階段なのかもしれません!

★モラハラ被害者の幸せ発見法の詳しい記事はコチラ!
モラハラ夫と離婚できない妻の幸せ発見法!

まとめ

今回はモラハラ被害者の心の傷の癒し方をご紹介しました。

モラハラ被害者である妻は、常に夫のモラハラによって傷ついています。

ほっといても治るような小さな傷も何度も何度も受けていれば、どんどんその傷は深くなってしまいます。

少しずつ傷がえぐれていっても、自分自身では気が付かないことも多いんです。

大きな傷になる前に、できるだけセルフケアをするのがいいですよ!

思い出すのも辛くて無理!思い出すと体に異変が起きる!というくらい深刻な場合は、早めにカウンセリングや心療内科で受信することをおすすめします。